大会

HOME大会アジア競技大会仁川アジア大会2014

第17回アジア競技大会(2014/仁川)

テキストライブ

9月28日(日)男子 準々決勝 日本 vs 韓国

17:00 キックオフ

日本
0 0  前半  0
0  後半  1
試合終了
1
韓国
得点 張賢秀(後43分、PK)
室屋成(前25分) 警告
退場
荒野拓馬(後19分、野津田)
原川力(後34分、矢島)
金森健(後47分、鈴木)
交代 李宗浩(前45分、金泳旭)
李周泳(後46分、李勇載)

日本メンバー
1GK牲川歩見、2DF室屋成、3DF遠藤航、4DF岩波拓也、20DF植田直通、7MF大島僚太、10MF中島翔哉、12MF矢島慎也、19MF秋野央樹、9FW鈴木武蔵、13FW野津田岳人

韓国メンバー
1GK金承奎、3DF金珍洙、4DF金敏爀、15DF任倉佑、20DF張賢秀、6MF孫準浩、8MF朴柱昊、10MF金承大、14MF金泳旭、17MF李在成、9FW李勇載

開始前

両チーム国歌演奏。

開始前

準決勝進出を賭けた日韓戦。

開始前

ホーム韓国との試合だけあって、スタジアムには多くの観客が詰めかけている。

前半1分

日本ボールでキックオフ。
前半
1分
  左サイドでFK。サイドチェンジしMF金泳旭がボールをキープしようとしたがタッチラインを割る。
前半
2分
  中央突破から左FW李勇載が高い位置でボールを持つがバックパス。DF金珍洙が受けて中央でポゼッション。いったんGKまで戻る。
FW鈴木武蔵とDF張賢秀がハイボールを競り合ったが、激しく接触しエキサイト。審判が仲裁に入る。立ち上がりから球際に厳しくなっている。   前半
4分
前半
4分
  ペナルティエリア左外。MF金泳旭。直接狙うがGK牲川歩見がキャッチ。
FW野津田岳人からMF矢島慎也が受けてFW野津田岳人へ戻しキープ。ペナルティエリア内へMF矢島慎也が飛び込みシュートも押し込みきれず。   前半
5分
前半
6分
  左CK、キッカーはMF金泳旭。ファーサイドへボールが出たがDFがクリア。
右スローイン。FW鈴木武蔵が受けようと競ったがクリアされる。すぐにタッチラインを割り右スローイン。中央を経由し左サイドへ展開。DF植田直道からの縦パスが入り左でつないでFW鈴木武蔵、FW野津田岳人、MF中島翔哉と左へスライド。MF中島翔哉がドリブル中央へ持ち込みペナルティエリア左外からFW野津田岳人がクロス。ペナルティエリア内でMF矢島慎也が合わせようとしたがタイミングが合わない。   前半
7分
中央MF矢島慎也がペナルティエリア手前からミドルシュートもGKがキャッチ。   前半
9分
前半
10分
  センターサークル付近でファウルがありFK。速いリスタートで左へ展開。DF金珍洙からバックパスでDF金敏爀が受けてMF孫準浩から右サイドへ。縦に展開しFW李勇載がドリブル突破からクロスもクリアし右CKへ。MF李在成からファーDF張賢秀が競ったがボールはクリアし左CKへ。
前半
12分
  左CK。キッカーはMF金泳旭。中央へ出てきたボールはDF任倉佑がヘッドで触ったがDF遠藤航がきっちり競っていたためボールはクロスバーの上へそれる。
前半
12分
  DF裏を狙う縦パスがDF張賢秀へ出たがクリアし右CK。ショートコーナーでリスタートも集中してクリア左スローインへ。DF金珍洙。ロングスローでペナルティエリア内中央までボールを送るがDF遠藤航がクリア。
前半
14分
  DF植田直道がファウルをとられ中盤右よりでFKへ。ゴールまで30メートル。キッカーはDF金珍洙。壁4枚。FW李勇載がゴール左前へスライディングで飛び込みDF室屋成もついていったがFW李勇載のワンタッチしたボールはクロスバーの上へそれる。

前半16分

非常に激しい球際でのぶつかり合いと、韓国がポゼッション率高く、DF裏を徹底して狙ってくるため、日本はペナルティエリア内で集中して守れているものの、攻撃チャンスを思うように作れない。
前半
17分
  左スローイン。DF金珍洙がロングスロー。ゴール二アサイドまで届きMF朴柱昊が競ったが合わせ入れず。ロングスローのためにぬれたボールを拭くためのタオルをタッチライン外へ準備している。
MF中島翔哉がDF任倉佑にファウルを受けて左サイド中盤でFK。左FW鈴木武蔵が受けて中盤MF大島僚太が長い距離を上がってパスを受けに行ったが通らない。   前半
18分
前半
19分
  DF任倉佑のドリブル突破からのクロスにペナルティエリア内MF金泳旭がヘッドで合わせたが枠外。
左サイドでいったんバックパスし、GK牲川歩見まで戻して縦パス、FW鈴木武蔵へ出そうとしたが背後へ抜けてします。   前半
20分
FW鈴木武蔵のキープからのバックパスをMF中島翔哉が左クロス。ペナルティエリア内へはFW野津田岳人が飛び込んでいたが合わせきれず。   前半
22分
前半
22分
  右サイド後方から左前方のMF李在成へパスが通り中央MF孫準浩からMF金泳旭へのショートパスはDF遠藤航がカット。
DF室屋成のDF金珍洙へのファウルでDF室屋成にイエローカード。   前半
25分
前半
25分
  左サイド中盤でFK。キッカーはMF金泳旭。二アへのボールはFW鈴木武蔵がクリア。
前半
26分
  DF任倉佑がペナルティエリア右外からマイナスのドリブルでペナルティエリア手前まで運んで左足シュートもわずかにゴール左外。
前半
28分
  中盤右でFK。速いリスタートで左のDF金珍洙へ展開し中央MF孫準浩、MF朴柱昊とつないでDF任倉佑が右クロス。ペナルティエリア内右のMF李在成からFW李勇載へパスが通りシュート。これをカバーに入ったDF岩波拓也がクリア。

前半30分

ここまで日本は攻撃にかかるところでテンポアップできず、バイタルエリアエリア付近でボールを失ってそのまま一気に前線へ運ばれたり、アーリークロスを入れられる場面が多い苦しい展開。まずはセカンドボールをきっちり拾ってポゼッション率を高めたいところ。
中央右のDF遠藤航へくさびが入るがファウルを受けてFK。バックパスでつないで左へ展開。短いパスをつないで再びバックパス。今度は中央をパスでつないでペナルティエリア内へ走るMF矢島慎也へ縦パスもブロックされる。短いパスをテンポよくつないだ時は相手も寄せ切れない。   前半
31分
中央DF遠藤航が思い切った30メートルロングシュートもGKがキャッチ。   前半
33分
右スローイン、DF室屋成からFW鈴木武蔵へパスが出たがクリアされる。   前半
34分
前半
36分
  右縦パスにMF金泳旭がGK牲川歩見と1対1。スライディングで飛び込んできたがGK牲川歩見がセーブ。
DF裏へFW鈴木武蔵を走らせるがパスが通らない。   前半
37分
前半
38分
  左スローイン。DF金珍洙。ペナルティエリア内二アのMF李在成へ出してきたがDF室屋成がクリア。
前半
39分
  MF金泳旭からサイドチェンジでDF金珍洙が受けたがMF大島僚太がカット。だがインターセプトのボールを奪い返され右へサイドチェンジ。短くパスをつながれMF李在成がペナルティエリア手前へ突破をはかろうとしたがDF植田直道がクリア。
前半
40分
  右サイドでFK。ゴールまで35メートル。キッカーはDF金珍洙。ペナルティエリア内FW李勇載へボールをだしたが身体を寄せて触らせず韓国ボールのままゴールラインを割る。
FW野津田岳人からバックパスを受けたDF植田直道から左MF秋野央樹が受けてDF岩波拓也へ。中央MF大島僚太がワンツーから相手がカットしたボールをインターセプトしペナルティエリア手前まで運び、フリーの野津田へラストパス。ワントラップでシュートまで持ち込むが、これは韓国DFがブロック。   前半
42分
前半
43分
  MF金泳旭とDF岩波拓也が交錯し痛んでいる。自力で立ち上がりいったんピッチの外へ。
前半
44分
  MF金泳旭はピッチへ戻るが交代の準備中。
前半
45分
  メンバー交代。MF金泳旭に代えFW李宗浩。
右サイドでファウルがありFK。ペナルティエリア手前右外。キッカーはMF秋野央樹。中央へ出たボールはクリアされる。   前半
45分

前半45+1分

アディショナルタイムは1分
前半
45+1分
  左スローインからペナルティエリア左外でMF金承大が受けようとしたがDF岩波拓也がクリア。左スローイン。DF金珍洙がロングスロー。二アへのボールはGK牲川歩見がキャッチし、ここで前半終了のホイッスル。

前半45+2分

前半を終えスコアレスドローで前半を折り返す。ここまで無失点で勝ち上がってきた韓国からいかにして1点を奪うのか?後半の戦いに注目。

前半45+5分

激戦の末、不運なPKから失点を招き、他国よりひとつ下の年代で戦ったU-21日本代表の戦いは準々決勝で終了。

ハーフタイム

前半のスタッツはボールポゼッション率は日本が45%、韓国が55%。シュート数が日本は2本、韓国が5本。うち枠内シュート日本が2本に対し韓国1本。

後半1分

日本ボールでキックオフ。
後半
1分
  右DF任倉佑から中央MF孫準浩が受けて縦パス。MF金承大へ縦パスを出したが足下に収まらず。
後半
2分
  縦パスをペナルティエリア内右でFW李宗浩が受けてバックパス。DF任倉佑が受けてクロスもファーへ抜ける。
後半
3分
  右サイド後方から縦パス。ペナルティエリア右外へFW李宗浩が走るがクリアし右スローイン。DF任倉佑がロングスロー。二アでFW李宗浩ヘッドで触ったが日本がクリア。
後半
4分
  MF李在成からDF金珍洙が上がってきてペナルティエリア左外からクロスもファーへ抜ける。MF金承大が受けて中盤でルーズになるが、右へ展開しようとしたボールはタッチラインを割る。
中央MF矢島慎也から縦パスを受けたMF中島翔哉が右へ展開。DF遠藤航からDF室屋成が受けて中へドリブルもブロックされる。   後半
6分
後半
7分
  カウンターで一気に前線MF李在成へパスが出たが数的有利で守る日本は落ち着いてクリア。
後半
7分
  DF任倉佑が右サイドをドリブルFW李宗浩が二アサイドで受けようとしたが収まらない。なおも韓国ボール。左サイドでパスをつないでからペナルティエリア右外のMF金承大へ。二アでFW李勇載が受けMF金承大へ戻してから受け直してターンもペナルティエリア内でクリア。なおも韓国ボール中央からMF李在成へ縦パスが入るもクリア。そのボールを最後はMF孫準浩がシュートもDF遠藤航がブロック。
後半
10分
  FW李宗浩がペナルティエリア手前からミドルシュート。寄せも甘くフリーで打たれたが力んでふかす。
ペナルティエリア右外DF室屋成が突破をはかるが3人がかりでブロックされる。   後半
11分
後半
11分
  縦パスにMF金承大がペナルティエリア左前へ走るが間に合わずゴールラインを割る。
後半
12分
  右FW李宗浩がドリブルからクロスもMF秋野央樹がブロック。
FW野津田岳人の突破はクリアされたが左スローイン。二アでFW鈴木武蔵が受けてMF矢島慎也へ戻して左サイドへドリブル。クリアされて再びスローイン。MF秋野央樹からペナルティエリア内二アでFW鈴木武蔵が受けてMF秋野央樹へ戻してMF大島僚太へ。しかしペナルティエリア左外で激しいチェックを受け体勢を保てずボールを失う。   後半
13分
後半
14分
  MF孫準浩が突破をはかり、ファウルがあったものの、アドバンテージで流される。右ペナルティエリア内FW李宗浩がドリブル突破をはかるがシュートは打ちきれず。
後半
16分
  左スローインDF任倉佑からFW李宗浩が受けて、MF孫準浩へ戻してクロス。クリアボールをMF朴柱昊がミドルシュートもクロスバーの上。
自陣内中盤左よりでMF中島翔哉へのファウルがありFK。速いリスタートで最終ライン右へパスでつないで縦パスも相手ボールへ。   後半
17分
後半
18分
  中央から右サイドDF任倉佑が受けてドリブル中に切れ込んでMF矢島慎也を切り返して振り切りクロス。ペナルティエリア内ファーでFW李勇載が右足のアウトへかけるシュートもサイドネット。
メンバー交代。FW野津田岳人に代えFW荒野拓馬。   後半
19分
中央MF大島僚太からペナルティエリア内右のFW荒野拓馬へ縦パスを入れようとしたがクリアされる。   後半
20分
後半
21分
  MF中島翔哉のMF李在成へのファウルでFK。右サイド斜め45度。キッカーはDF金珍洙。ゴールまで25メートル。中央へのボールはFW荒野拓馬がクリア。
後半
23分
  FW李宗浩からのクロスはFW李勇載が受けてペナルティエリア右へ。ペナルティエリア内へ動きなおしたFW李宗浩へ戻し右足シュートもゴール左外。
後半
24分
  中央MF李在成から左DF金珍洙が縦へ突破をはかろうとしたところでDF室屋成と激しく交錯。ノーファウルだがDF室屋成は痛んでいてすぐに立てず。
DF室屋成はメディカルスタッフが入ったためいったんピッチの外へ。   後半
25分
左スローインが終わってからDF室屋成はピッチへ戻る。   後半
26分
後半
26分
  MF孫準浩から縦パスがペナルティエリア内へ入りFW李宗浩がペナルティエリア内で反応もDF岩波拓也がクリア。

後半27分

決定的チャンスを決めきれない韓国と決定的チャンスを作りきれない日本。フラストレーションが募るなかやや球際に厳しさが増してきた。
後半
28分
  中央右でFK。MF孫準浩からの縦パスにFW李宗浩がゴール左前で受けようとしたがMF秋野央樹が身体を寄せ体勢を保てずボールはゴールラインを割る。
GK牲川歩見からのリスタートもクリアされる。セカンドボールは韓国ボール。   後半
29分
後半
30分
  ペナルティエリア手前MF孫準浩からペナルティエリア内右のMF金承大へパスが出たが触りきれずゴール左外へ抜ける。
MF矢島慎也からペナルティエリア右外でFW鈴木武蔵がうけるも足下につかずクリアボールをMF大島僚太が押し戻したがここもクリアされる。ひたすらセーフティにくる韓国。なおも日本ボール。MF大島僚太からペナルティエリア右外のDF室屋成が受けて折り返したボールをMF矢島慎也がペナルティエリア内二アで受けてシュートもGKがキャッチ。   後半
31分
MF矢島慎也が痛んでいる。審判からいったんピッチ外へ出るよう促される。   後半
32分
中央FW鈴木武蔵が左へドリブルも倒されFKへ。   後半
34分
メンバー交代。負傷のMF矢島慎也に代えMF原川力。   後半
34分
後半
35分
  DF植田直道がMF李在成へファウル。右サイドでFK。ゴールまで30メートル。キッカーはDF金珍洙。二アへ出したがFW李宗浩へ渡らずクリア。なおも韓国ボール。左DF金敏爀がロングシュートも大きくふかして日本ボール。
後半
37分
  MF李在成がペナルティエリア内へ侵入。二アでGK牲川歩見とFW李勇載が対峙ワンタッチしてこぼれたボールをペナルティエリア内ファーでFW李宗浩がヘッドで合わせたがDF遠藤航が胸でクリア。FW李宗浩は悔しすぎて仰向けに倒れ顔を覆おう。日本は大ピンチをしのぐ。
後半
39分
  MF李在成がペナルティエリア手前でボールを持ちルックアップして左足シュートもGK牲川歩見がキャッチ。
MF大島僚太のインターセプトからドリブルで運んでペナルティエリア手前からMF中島翔哉へパスを出そうとしたがカットされ左スローイン。リスタートもDF張賢秀にクリアされもう一度スローイン。再度のリスタートもパスをカットされボールを失う。   後半
39分
後半
43分
  右スローイン。MF李在成が落としてDF任倉佑がクロス。ペナルティエリア内右のラインギリギリででMF大島僚太とMF李在成が競り合いも、上に乗る形になりファウルPKへ。李在成は鼻血の止血のためピッチ外へ。キッカーはDF張賢秀。ゴール右に決めて0−1。韓国が先制。
後半
45分
  FW李宗浩がペナルティエリア右外でキープもタッチラインを割る。

後半45+1分

アディショナルタイムは4分。
GKからのリスタート。FW鈴木武蔵が左サイドでドリブルもブロックされる。   後半
45+1分
後半
45+2分
  メンバー交代。FW李勇載に代えDF李周泳。
メンバー交代。FW鈴木武蔵に代えMF金森健志。   後半
45+2分
左DF室屋成から中央DF植田直道がワンタッチで前線へはたいたがクリアされる。なおも日本がセカンドボールを拾って右のMF金森健志へ展開。2人のDFの間を突破しようとしたがブロックされる。   後半
45+3分
後半
45+4分
  ペナルティエリア右外DF任倉佑に突破を許しファウルで止める。キッカーはDF任倉佑短く出してFW李宗浩へ預けたところで試合終了のホイッスル。

試合終了

この試合のスタッツはボールポゼッション率が日本が44%、韓国が56%。シュート数が日本が3本、韓国が10本。うち枠内シュート数は日本が3本、韓国が1本。

試合終了

激闘の末、不運なPKから失点を招き、他国より1つ下の年代でこの大会に参戦したU-21日本代表のアジア大会は準々決勝で敗退。悔しさを糧にさらなる成長を期待。
本テキストライブの掲載内容は、仁川アジア大会公式記録や、その他報道の表記・内容と一部異なる場合があります。

  • 仁川アジア大会2014
  • ニュース
  • 写真
  • 競技日程
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 日本代表選手団 入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • アジア大会ヒストリー
  • 会場マップ
  • オフィシャルスポーツウェア






ページトップへ