大会

HOME大会アジア競技大会仁川アジア大会2014

第17回アジア競技大会(2014/仁川)

テキストライブ

9月15日(月)女子1次リーグ 日本 vs 中国

20:00 キックオフ

日本
0 0  前半  0
0  後半  0
試合終了
0
中国
得点
警告 後29分 劉杉杉
退場
菅澤(後25分、髙瀬)
吉良(後32分、増矢)
木龍(後46分、中島)
交代 許燕露(前37分、王麗思)
馬君(後9分、李影)
韓鵬(後42分、楊麗)

日本メンバー
GK1海堀あゆみ / DF2有吉佐織、4北原佳奈、5長船加奈、15臼井理恵、6阪口夢穂、7中島依美、8宮間あや(C)、9川澄奈穂美 / FW10髙瀬愛実、12増矢理花

中国メンバー
GK12王飛 / DF2劉杉杉、3王珊珊、6李冬娜、17汪玲玲 / MF8任桂辛、13王麗思、14古雅沙、15張叡 / FW10李影、11楊麗(C)

なでしこジャパンがアジア大会の初戦を迎える。日本は2日前の親善試合ガーナ戦と同じスターティングメンバー。19歳の増矢理花が前線でエース髙瀬愛実とコンビを組む。守備陣は岩清水梓をベンチに置き、北原佳奈、長船加奈と170cm超のコンビを最終ラインに起用してきた。   開始前
開始前   5月のアジアカップ準決勝では延長戦までもつれ込む熱戦でなでしこジャパンを苦しめた中国。今回もそのときのメンバーが軸。身長175cm以上を7人も揃える大型チームだ。
キャプテン宮間あやを先頭に日本イレブンが入場   開始前
日本のスターティングメンバーは以下の通りGK1海堀あゆみ / DF2有吉佐織、4北原佳奈、5長船加奈、15臼井理恵、6阪口夢穂、7中島依美、8宮間あや(C)、9川澄奈穂美 / FW10髙瀬愛実、12増矢理花   開始前
開始前   中国のスターティングメンバーは以下の通り。GK12王飛 / DF2劉杉杉、3王珊珊、6李冬娜、17汪玲玲 / MF8任桂辛、13王麗思、14古雅沙、15張叡 / FW10李影、11楊麗(C)
前半
1分
  中国ボールでキックオフ
前半
2分
  14古雅沙のスルーパスから11楊麗が抜け出すが、オフサイド
中島依美、増矢理花が右サイドで起点となり、宮間あやの前線へのパスを髙瀬愛実が追うが、GKの守備範囲。   前半
3分
前半
5分
  中国のロングパスがエリア左へ。海堀あゆみが飛び出してクリアし事なきを得る
川澄奈穂美が左サイドでスルーパス。増矢理花がつなぎ、オーバーラップした臼井理恵のクロスがエリア左へ。中島依美が競るが相手ボールに。   前半
5分
前半
7分
  右サイドでパスをつないで主導権を握る。
前半
8分
  右からの低いクロスに、11楊麗が抜け出そうとするが、海堀あゆみが素早く反応して防ぐ
前半
9分
  14古雅沙が左サイドで1人抜いて突破。クロスを入れるがDFに当たる。
左サイドCK。ショートCKから宮間あやがファーへクロス。競り合いで北原佳奈が狙うがDFに防がれる。   前半
13分
前半
14分
  11楊麗がカウンターから展開。13王麗思が中央でつなぎ、再び楊麗へつなぐが、クロスがDFに当たる。
中島依美が左サイドの川澄奈穂美へ展開。ライン際からクロスで中央の増矢理花を狙ったが、やや合わず、ボールは頭の上。   前半
18分
10李影の中央のドリブルを川澄奈穂美がよく戻って好タックル。ボールを奪い返す。   前半
19分
やや右でボールを受けた中島依美が素早いターンからドリブル。正面25メートルから思い切ってミドル。惜しくもGKに防がれる。   前半
20分
宮間あやの左CKはDFにクリアされるが、再攻撃から川澄奈穂美がいいクロス。ファーサイドで競る北原佳奈が倒されたかにみえたが、笛は鳴らない。   前半
21分
宮間あや、阪口夢穂と中央でつなぎ右サイドの有吉佐織がアーリークロス。中央の髙瀬愛実が競るもDFがクリア。   前半
23分
前半
25分
  日本のパスミスを14古雅沙が拾ってカウンター。一度はつぶされるが、15張叡が浮き球のスルーパスを狙う。しかし、前線の11楊麗には通らない。
前半
26分
  川澄奈穂美のドリブルをカットして15張叡がドリブルで攻め上がる。左サイドの10李影へ展開し、戻したボールを14古雅沙が強引に打つ。DFに当たったボールが枠へ飛んだが、長船加奈がなんとかクリア。
前半
27分
  左CKからハイボール。日本がクリアし、13王麗思がミドルを狙うが大きく外れる。
中島依美、宮間あやとつなぎ、左サイドから川澄奈穂美が絡む。髙瀬愛実へのクサビのパスから増矢理花をめざすが、DFに防がれる。   前半
30分
左サイド深い位置まで川澄奈穂美が持ち込み、柔らかいクロス。中央の髙瀬愛実がヘッドで狙ったが惜しくも枠の左へ外れる。   前半
31分
早い展開から宮間あやが右サイド裏へのスルーパスを狙うが、やや長く、ラインを割る   前半
33分
左サイド、川澄奈穂美が起点となり、エリア内中央の髙瀬愛実に預ける。戻しのパスを狙う増矢理花がエリア際で倒されたかに見えたが、判定は増矢理花のファウル。   前半
34分
前半
36分
  中央でスルーパスを受けた11楊麗がドリブル。抜け出す前に遠目から打つがヒットしない。
前半
37分
  13王麗思OUT 7許燕露IN
中央、阪口夢穂がヘッドでつなぎ、エリア内の髙瀬愛実へパスが通りかける。相手DFもギリギリで競り、収めさせてくれない。   前半
37分
前半
39分
  有吉佐織のパスミスを拾ってカウンター。最後は左サイドから走り込む7許燕露がシュート。海堀あゆみがセーブ。
早いロングカウンターから川澄奈穂美が抜け出す。ドリブルからGKと1対1になりかけるが寄せられて打ち切れず。   前半
40分
右サイドでパスをつないで攻め込み、戻しのパスから宮間あやが1人かわして左足でミドルを狙う。しかし、ヒットしきれず。   前半
42分
DFラインからのパスミスが目立つ。10李影にインターセプトされてピンチを迎えるが、相手もラストパスの精度を欠き事なきを得る。   前半
44分

前半45分

アディショナルタイムは1分の表示
前半
45分
  日本のFKを防いでカウンター。7許燕露が強さを見せて粘り、中央でFK獲得。
前半
45+1分
  遠めからのFKは高いボールで狙ったが、日本DFが跳ね返す。

ハーフタイム

前半終了。0−0。

ハーフタイム

ボール支配率は日本64:36中国。日本はボールキープ時間は長いとはいえ、なかなか相手の嫌がるエリアでのパス回しができていない。

ハーフタイム

シュート数は日本3:4中国。枠内シュートは0:2。
日本ボールで後半キックオフ。   後半
1分
左サイド、川澄奈穂美と臼井理恵のコンビで攻め込む。宮間あやも絡んだがラストパスまではつながらない。   後半
1分
中央のパス交換から後ろへ戻し、宮間あやが約40メートルのミドル。もうひとつヒットせずGKが処理。   後半
2分
後半
4分
  7許燕露が左サイドからショートカウンター。ドリブルの後、11楊麗へスルーパスを狙ったがオフサイド。
後半
5分
  15張叡が右サイドへ展開、2劉杉杉がオーバーラップし、ひさびさにワイドな攻撃を見せる。14古雅沙のドリブルからCK獲得。
後半
6分
  右からのCKは直接ゴールラインを割ってしまう。
宮間あやが高い位置でカットして20メートル強から思い切って右足のミドル。髙瀬愛実に当たって少しコースが変わったがGKがキャッチ。   後半
7分
後半
9分
  10李影OUT 9馬君IN
増矢理花がエリア外から強烈なミドル。ゴール右へ飛んだが、GKが横っ飛びで防ぐ。   後半
10分
右CKはショートコーナー。川澄奈穂美と宮間あやのコンビから宮間あやがファーへクロスを入れるが、DFがクリア。   後半
11分
縦パスから髙瀬愛実がDFと競り合いながら持ち込む。ややタッチが長く、GKに防がれる。   後半
12分
後半
14分
  エリア右からFKのチャンス。14古雅沙が左足でファーを狙って頭で折り返すが、GK海堀あゆみがしっかりとキャッチ。
後半
17分
  右サイドで長いパスを受けた7許燕露が中へ持ち込んで、遠目からクロスのようなシュート。力無いボールで海堀あゆみが防ぐ。
髙瀬愛実がDFと接触して転倒。ヒザのあたりを打っただがドクターからは大丈夫の合図。   後半
18分
後半
20分
  日本中央のパスミスを奪いカウンター。9馬君が持ち込み、11楊麗にパスしようとするが、DFが戻って防ぐ。
後半
23分
  左サイドを攻め込み、中盤から最前線の11楊麗にいいパス。しかし、楊麗のトラップが流れ、シュートならず。
髙瀬愛実OUT 菅澤優衣香IN   後半
25分
右サイドに回っている川澄奈穂美が、新しく入った菅澤優衣香を走らせるスルーパス。少しボールが長く合わない。   後半
26分
後半
29分
  2劉杉杉にイエローカード。臼井理恵へ危険なタックル。
ワイドな展開から右サイドの川澄奈穂美がアーリークロス。菅澤優衣香を狙うがやや合わず。   後半
31分
増矢理花OUT 吉良知夏IN   後半
32分
中央を阪口夢穂がドリブル。一人かわして正面20メートルの位置から思い切ってミドルを狙うがボールは惜しくもクロスバーを叩く。   後半
33分
ワイドな展開で左サイド中島依美から早いパスでインサイドの吉良知夏へ。吉良知夏がエリア際から振り向きざまに右足で狙う。ボールはゴール右へ外れる。   後半
35分
宮間あやが鋭いスルーパスで吉良知夏をエリア右へ走らせる。こぼれ球の再攻撃からCK獲得。   後半
37分
宮間あやの右CK。ハイボールはDFがクリアするもこぼれ球を中島依美が拾ってシュート。DFに当たる。   後半
37分
後半
39分
  11楊麗と7許燕露が右サイドを粘って崩し、最後は中央の9馬君を狙う。ゴールライン際、DFがスクリーンするところを馬君が粘ってつつくも味方がいない。
エリア内、川澄奈穂美と吉良知夏がコンビプレーを見せ、最後は飛び込んでくる宮間あやへ。宮間あやは右サイドからGKとDFの間に速いボールを入れるが、味方にはつながらず。   後半
41分
後半
42分
  11楊麗OUT 18韓鵬IN

後半45分

アディショナルタイムは3分の表示。
後半
45分
  右サイドでつなぎを見せ、戻したボールを左サイドから長いボール1本で裏を狙う。惜しいボールになったがGK海堀あゆみがいい反応でキャッチ。
後半
45+1分
  カウンターから右サイドを7許燕露がドリブルで持ち込む。味方を待つ間に臼井理恵が寄せてクリア。
後半
45+1分
  右CKから高いボール。GK海堀あゆみが高さを見せてキャッチ。
中島依美OUT 木龍七瀬IN   後半
45+1分

後半45+3分

タイムアップ。両チームともゴールが遠く0−0の引き分けに終わる。

試合終了

ボール支配率は日本60:40中国。後半も日本が主導権を握ってキープし、定評のある細かいパスワークは見せたが、ビルドアップの起点となる低い位置でのミスパスが多かったのは痛かった。シュート数は日本9:4中国。枠内シュートは2:2。

試合終了

キャプテン宮間あやを中心に、新たに加わった新世代との融合が今大会のテーマとなる。初戦は、いまひとつすっきりしない内容ではあったが、勝点1は確実に確保。今後の試合を通じて新たな連携を築き、次戦はゴールラッシュを見せて欲しい。
本テキストライブの掲載内容は、仁川アジア大会公式記録や、その他報道の表記・内容と一部異なる場合があります。

  • 仁川アジア大会2014
  • ニュース
  • 写真
  • 競技日程
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 日本代表選手団 入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • アジア大会ヒストリー
  • 会場マップ
  • オフィシャルスポーツウェア






ページトップへ