JOC
 / オリンピック / 北京2008 / 日本代表選手団オフィシャルスポーツウエア
  
BEIJING 2008

日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア

JOCでは2008年1月15日、第29回オリンピック競技大会(2008/北京)日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアを発表しました。それぞれのアイテムには「勝利へと加速するJAPAN」「正々堂々とした存在感」を表す 『JAPANロゴマーク』を配しています。

JAPANロゴマークについて

logo
〜勝利へと加速するJAPAN〜
斜体をかけたロゴタイプでスピード感を演出しています。腕を上げた時の見栄えも考えてデザインしています。また金色の縁をほどこし、代表選手のプレミアム感を演出します。

logo
〜正々堂々とした存在感〜
背面にはゆるぎなき自身とプライドを堂々と表現しています。見えやすく、安定感のある書体でデザインしました。

オフィシャルスポーツウェアは、JOCオフィシャルパートナーであるミズノ株式会社、株式会社アシックス、株式会社デサントの提供によるもの。 各社からは大会前にレプリカ商品の販売も行われます。詳細は各社ホームページをご覧下さい。

> ミズノ株式会社   > 株式会社アシックス   > 株式会社デサント


ミズノ株式会社

ウォームアップスーツ、ポロシャツ、シューズ、キャップ、ソックス

ミズノ株式会社
第29回オリンピック競技大会(2008/北京)
日本選手団オフィシャルスポーツウエア
モデル:成迫健児(ミズノ)/400mハードル

コンセプトは、「日本を応援 〜日の丸を背負う選手達を応援〜」です。
日の丸の重責は、背負った者でないとわからない、という言葉をよく聞きます。厳しい練習に身を投じて心身を鍛え上げ、日の丸という重責を背負う道を選択した選手達が誇りを持って着用できるウエア、シューズであるために、日の丸の赤色、白色をベースに、栄光の証である金色を使用しています。

各アイテムの特長について

プロダクトコンセプト
「日本を応援 〜日の丸を背負う選手達を応援〜」

カラー
基本カラーは、日の丸をベースにした情熱の魂である赤色と、純粋な心を表す白色を、また差し色として栄光の証を表す金色を使用しています。

デザインコンセプト
燃え上がる闘志を“炎”のグラデーションとして表現しています。また、大きく羽ばたく末広がりのアーチラインが、勝利に向かって上昇していくジャパンチームを表しています。

ウォームアップスーツ
素材:ポリエステル95%、指定外繊維(ドライベクター)5% (原産国:日本)

特長
機能コンセプトは、「ストレスフリー設計」です。動的機能裁断「D.F.CUT※」を採用し、運動時の圧迫感やウエアのひきつれを軽減しています。首周りはあご部分のあたりを軽減するように衿前身を後身に対して低く設計しています。また、脇部分にはストレッチメッシュを採用し、通気性と動きやすさを追及しました。
パンツは、快適ウエスト設計によって着用感を向上させています。また、足を長く、すっきりと見せるシルエットを採用しています。
素材には、吸湿力と速乾力を両立したミズノ独自の「ドライベクター」を採用しています。これは、人体から発生するムレや汗を、大量に吸湿(原綿で綿の約10倍の吸湿量(当社比))します。しかも速乾性に優れます。
解剖学から人体の皮膚のしわとその伸展方向を解明し、運動時の皮膚の伸縮を妨げないようなパターン構成線や、パターン上にゆとりを設けることによって、運動時の圧迫感やウエアのひきつれを軽減したミズノ独自の動的機能裁断です。
※「D.F.CUT(Dynamic Function CUT)」

ポロシャツ
素材:ポリエステル47%、指定外繊維(ダイナミックエアリー)29%、指定外繊維(アイスタッチ)24%(原産国:中国)

特長
衣服内を快適に保つ、ミズノ独自のクーリングコントロール素材「アイスタッチ+ダイナミックエアリー」を使用しています。これは熱伝導性に優れ気化熱を効率よく奪う涼感素材「アイスタッチ」と、発汗や環境変化に対応し組織(編み目)が開いたり閉じたりする通気コントロール繊維「ダイナミックエアリー」を組み合わせた素材です。また、ウォームアップと同様の動的機能裁断「D.F.CUT」を採用し、脇部分は通気性に優れたストレッチメッシュを使用しています。

シューズ
素材:甲材−合成繊維、人工皮革 底材−合成樹脂、ゴム (原産国:中国)

特長
ミズノが独自に開発した波形プレート『ミズノウエーブ※』の進化形である『インフィニティウエーブ』をソール部分に採用しています。走行時の安定性は維持しながらも16%の初期のクッション性向上に成功しました。また、スポンジ材を極力減らすことでソールのへたりを大幅に低減、性能持続性を5倍に向上しました。これによりランニング時の体への負担軽減につながります。さらに、アッパーの履き口部分の特殊な構造により静止時のフィット感だけでなく、走行中のフィット感を高めています。
※「ミズノウエーブ」は、クッション性と安定性を両立させ、さらに横ずれ抵抗性を高めるためにミズノが開発したあらゆる種目のシューズに搭載している機能です。97年12月より展開しています。

キャップ
素材:ポリエステル100% (原産国:中国)

特長
本体には吸汗速乾性に優れた素材を採用しています。

ソックス
素材:アクリル、ポリエステル、その他 (原産国:日本)

特長
足のアーチ(土踏まず)を支える構造の「アーチハンモック」ソックスを採用しています。アーチは足への負荷を分散して支え、着地による衝撃を緩和し、重心をスムーズに移動させる働きをしています。このアーチ部分は運動を長時間続けていると下がってくることがあり、この低下が本来のアーチの働きを妨げ、足の負担を招きます。「アーチハンモック」ソックスは、内側と外側のアーチを包み込むように支えることで、アーチの落ち込みを防止し足の負担を和らげます。


株式会社アシックス

ウインドブレーカースーツ、キャスターバッグ、バックパック

株式会社アシックス
日本代表選手団が使用する、
ウィンドブレーカースーツ、キャスターバッグ、バックパック
※シューズは提供品ではありません

ウインドブレーカースーツ

開発テーマ
「さまざまな気象条件に対応できる快適ウエア」をテーマに、北京特有の大きな気温差やにわか雨に対応するための機能を搭載することで、試合前、試合後を含めた日常的なコンディション維持をサポートします。

デザイン/カラー
「日本を世界に」をテーマに、ホワイトをベースにレッドの切り替えを入れて日の丸をイメージしています。パンツは、これまで日本代表チームが“勝利のカラー”として使っているネービーを採用しています。

機能
昼と夜、室内と室外の気温差を考慮し、ジャケットの袖とパンツのひざ部分にファスナーをつけて、それぞれ着脱できるようになっています。また、日差しが強く、にわか雨が多いことから、紫外線遮へい機能を持たせるとともに生地表面にはっ水加工を施しています。肌面に凹凸感があり、ストレッチ性のある素材を使って裏地を省き、軽くて動きやすい仕様にしています。

キャスターバッグ、バックパック

ウインドブレーカースーツと同様「日本を世界に」をテーマに、「竹」をイメージしたデザインとしています。カラーには漆器をイメージしたブラックを採用しました。キャスターバッグは、移動が多い選手や役員の負担を軽減するために採用したもので、機内に持ち込める標準的なサイズです。バックパックは、B4サイズのノートパソコンが収納できるよう、クッション材入りの仕切りを設けたほか、中国で一般的な600ミリリットル入りのペットボトルが入るサイドポケットや、携帯電話用のポケットを付けています。
キャスターバッグのサイズ:(H)55×(L)35×(W)25cm 容量約27リットル
バックパックのサイズ:(H)46×(L)29×(W)18cm 容量約18リットル


株式会社デサント

Tシャツ、ハーフパンツ

株式会社デサント
日本代表選手団が使用するTシャツ、ハーフパンツ

ウェアの特徴

テーマ
「SPORTMODE」
「誇り」、「一体感」そして「アンチストレス」をキーワードに様々な競技や環境に合わせて選択することができる、新しいスタイルコーディネートを提案。 赤と青のボーダー柄で伝統と力強さを表現しています。

素材

Tシャツ
吸汗性、速乾性に加え、しなやかな伸縮性を持ち、軽量でUVカット機能を備えたダウXLAストレッチボーダー素材を採用。脇切替部分は、立体裁断仕様により腕の動きを妨げず、ストレッチ性を付加した素材を使用。さらには後身頃脇裏の縫い目部分にデオドラントテープを装備することで、夏には不可欠な消臭機能を発揮します。前襟赤色の部分は、デザインの視覚効果だけでなく、汗止めの機能も果します。

ハーフパンツ
表地はドライタッチ性、ストレッチ性、軽量性に秀でたDTストレッチライトウーブン素材、裏地には、超軽量で肌触りがソフトなブレーバーライトメッシュを採用。ウエストは、ワンタッチバックルベルトで、サイズ調整が簡単です。脇部分には裾から腰にかけて上下開きのファスナーを配置。着脱時のストレス緩和とベンチレーション機能を発揮します。

北京2008へもどる