JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/07
【卓球】記者会見で男女6選手が、意気込みを語る

男女それぞれ3選手が参加する卓球の日本代表チームの記者会見が、8月7日夕方、海外を含む多数の報道関係者を集めて、オリンピック選手村で行われた。直前に男女とも団体戦の1次リーグの組み合わせ抽選があり、対戦相手がはっきりしたことから、改めて意気込みを語る会見となった。

男子チームの宮崎義仁監督は「合宿を経て実力は上がっている。一丸となって戦いたい」と、チームの状態に自信をうかがわせた。韓陽選手は「十分に練習してきたので、ぜひいい成績を残したい。故国の中国で戦うプレッシャーはあるが、頑張りたい」と語り、水谷隼選手は「団体戦は初戦が大切。勝って波にのりたい」と、初戦の重要性を強調。岸川聖也選手も「長期の合宿をこなして調子もよく、メダルを持って帰りたい」と、力強く語った。

一方、女子チームの近藤欽司監督は、「1次リーグを突破して中国と戦い、メダルを獲りたい」と具体的な目標を掲げた。キャプテンを務める平野早矢香選手は、「対戦相手がわかって、改めて身の引き締まる思いがする」と語り、福原愛選手は「どこと当たってもベストを尽くすだけ。アテネオリンピックの失敗は繰り返さない」と自信を見せた。ナショナルトレーニンセンターで十分に練習したことが、「やるだけのことはやった」という余裕になっているようだった。また、福岡春菜選手は「北京に入って、これまでサポートしてくれた人のことを思い出した」と話し、静かに闘志を燃やしていた。

中国になじみの深い福原選手は、中国でのオリンピック開催をどう思うかと聞かれ、「コーチも中国出身の方だし、中国人の友達も多い。だから北京で開催されるのは大変うれしいし、アテネオリンピックから精神的にも技術的にも成長した姿をぜひ見せたい」と、にこやかに答えていた。

○関連リンク
卓球のみどころ、スケジュールはこちら     https://www.joc.or.jp/beijing/sports/tabletennis.html
卓球チームのプロフィールはこちら     https://www.joc.or.jp/beijing/athlete/tabletennis/index.html


2008年のニュース一覧へ戻る