JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/11
【柔道】金メダルの内柴正人選手に団長賞授与

8月11日午後、日本代表選手団の金メダル第1号に輝いた、柔道男子66kg級の内柴正人選手に、JOCジャパンハウス1階のメーン会場で、福田富昭日本代表選手団団長から団長賞が贈られた。会場いっぱいの報道陣や関係者、一般入場者に拍手で迎えられた内柴選手は、団長賞を受け取ったあと、JOCジャパンハウスのあるホテルニューオータニ長富宮の中庭で記念の植樹を行った。

その後2階の記者会見場で会見に臨んだ内柴選手は、「最初から最後まで前に出る柔道を貫いたので、勝つことができた」と、勝因を分析。「昨日は素敵な一日だった。アテネオリンピック後、初めて勝った国際大会が今回なので、最高にうれしいメダル」と喜び、「メダルには、僕の選手人生も載っているので、手に感じる重さよりずっと重い」とつけ加えた。

日本代表選手団の金メダル第1号になったことについては、アテネオリンピックでの野村忠宏選手と谷亮子選手の役割を「僕が果たさなければならないと思った」と話し、「これを弾みに、メダル獲得が増えればうれしい」と期待を示した。また、中村美里選手に試合当日、「どちらが上にいくか勝負しようと声をかけた」と明かした。

今後については「予定はない。大幅な夏休みをいただきます」と笑わせて、会見場を後にした。

写真提供:フォートキシモト

○関連リンク
内柴正人選手のプロフィールはこちら     https://www.joc.or.jp/beijing/athlete/judo/utishibamasato.html

福田富昭団長(左)から、内柴選手(右)に団長賞が授与された。


2008年のニュース一覧へ戻る