JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/24
北京オリンピック閉幕に寄せて〜日本代表選手のコメント〜@

鈴木桂治(選手団主将、柔道男子)
柔道の競技終了後、多くの競技を見て、大変大きな刺激を受けた。ソフトボールは決勝まで3試合応援に行き、選手の名前を覚えたこともあり、優勝には心から感動した。選手に声援を送る側に回ったことで、ファンや応援する人の気持ちも少し分かった気がする。この体験を活かし、柔道の発展に貢献できればと思う。

福原愛(卓球女子)
練習でやってきたものをすべて出せたので、今はすっきりした気持ち。2度の出場経験を生かし、オリンピックを目指す選手へ伝えていきたい。今後どうしていくかは、まだ決めていない。周りの人とよく相談しながら決めていきたいと思う。
小西祥子(陸上競技女子)
順位やタイムには不満がありますが、いつかこの場で輝きたいと強く感じました。この体験をスポーツをしている子どもたちに話をし、オリンピックを目指す子どもを増やしたい。

錦織圭(テニス男子)
悔いが残った大会だった。1回戦は勝ちたかった。しかし、オリンピックという特別な雰囲気をもつこの舞台でプレーでき、とてもいい経験を積むことができた。

森本さかえ(ホッケー女子)
十分な準備をして大会に挑めていたと思うが、結果につながらず非常に残念な気持ちが強い。ここで勝つことの難しさを改めて感じた。運営や環境は非常にスムーズで、快適だった。

千葉香織(ホッケー女子)
4年間必死に頑張ってきたが、満足のいく結果を残せずに終わってしまったことで、心の中に大きな穴が空いた感じです。今大会での成績をしっかり受け、他の国の良いところなどを整理し、次の世代の選手につなげていきたい。


栗原恵(バレーボール女子)
このままでは終われない。今大会で感じた悔しさを忘れず、今後のバレー人生に活かしたい。他競技の観戦から得たことも多かったので、そうしたことも自分のバレーに役立てたい。

木村沙織(バレーボール女子)
アテネ大会と同じ結果で終わってしまったが、個人としては前回よりも達成感のある試合ができた。ベスト4に入るチームと自分たちの実力差を痛感した。この悔しさをロンドン大会でぶつけたい。

佐伯美香(ビーチバレー女子)
ひと握りの人しか出場できないオリンピックという大舞台でプレーできた喜びと感謝の気持ちでいっぱい。世界とのレベルの差、この大舞台でのメンタルの大切さを実感した。

冨田洋之(体操男子)
充実した幸せなオリンピックだった。団体で6人全員表彰台の上がれたことが最も印象に残った。幸せな時間と空間の中にいられたとの思いだ。将来、指導者に進んだときに、この経験を活かしたい。

内村航平(体操男子)
味わったことのない試合の雰囲気がよかった。楽しい大会だった。ロンドン・オリンピックでは金メダルを獲るために、もっと力をつけていきたい。

大島杏子(体操女子)
いいチームメイトに出会えて、本当によかった。国内合宿や現地入りしてからの練習など、これまでつらいことがたくさんあったが、これらを乗り越え、精神的に強くなることができた。今後の人生、どんなことでも立ち向かえそう。

上村美揮(体操女子)
チームで支え合うことの大切さを実感した。この舞台に立てたこと、体操に出会えたこと、そして今まで支えてくださった周りの方々への感謝の気持ちでいっぱいだ。

外村哲也(トランポリン男子)
オリンピック初出場だったが、競技人生の中で一つの区切りがついたように感じる。まだ競技を続けるつもりなので、今大会の経験を自分の成績を上げるために活かしていきたい。

吉田沙保里(レスリング女子)
二連覇を達成できて本当にホッとしている。決勝でフォール勝ちしたことがとても印象に残っている。北京オリンピックでの経験を後輩たちに伝えていきたい。この大会で知り合い、苦労を共にした他競技の人たちを生涯の友人としていきたい。

三宅宏実(ウエイトリフティング女子)
オリンピックという舞台で力を発揮することの難しさを痛感した。あっという間に終わってしまい、悔しさだけが残った。中国選手の応援に来た地元の人たちが、異国の選手にエールを送ったり、拍手をしたりしていた。歓声があり、会場も満員で、中国の人たちの温かさを感じる大会だった。

太田雄貴(フェンシング男子)
非常に満足している。フルーレ決勝の舞台に立てたことが最も印象に残っている。私たちの活躍がフェンシングの普及につながればいいと思う。

原田めぐみ(フェンシング女子)
メディアの過剰報道が気になったが、目標としていた舞台に立てた幸福感を一瞬体感した。今大会の経験で、目標を達成する方程式を一つ解いたと思うので、これを基礎にしてまた新しい方程式を解いて、もっと人生を楽しめるようにしていきたい。

久枝円(フェンシング女子)
オリンピックが終わって、開放感がある。チームメイトの太田選手の銀メダル獲得はすごかった。今後は指導者の側に回って、この経験を低年齢層の育成に活かしていきたい。

上野由岐子(ソフトボール女子)
今までにないプレッシャーを感じていた大会なので、競技が終わってホッとしている。夢を達成したという感慨にひたっているところだ。オーストラリアとの延長戦を戦って、決勝の米国戦につなぐことができた試合がすごく印象に残っている。ソフトボールの2016年オリンピックでの復活に向けて、今の子どもたちがそのときに出たいという思いになるような様々な活動を深めていきたい。

西山麗(ソフトボール女子)
やり切ったという感じで、力が抜けた。金メダルを獲れたことはもちろんのこと、中国で開催されたオリンピックにもかかわらず、日本から多くの皆さんに応援に来ていただき、アウェーの感じがなく試合ができた。

藤本索子(ソフトボール女子)
最高のスタッフと最高の仲間と、そしてすべてのソフトボールファンと共に金メダルを獲ることができたことを幸せに思う。予選から決勝までのすべての試合で、日本代表選手団のつながり、絆の強さがとても印象的だった。少しでも多くの人にソフトボールを知ってもらい、オリンピック競技に復活するよう願っている。

伊藤幸子(ソフトボール女子)
悲願の金メダルを獲得できたことがうれしかった。日々の積み重ねの大切さを実感した。世界一になったことで、どんなことがあっても、しっかりと目標を立て、計画し、実行していくことで、必ず達成することができると感じた。

○関連リンク
日本代表選手団プロフィールはこちら     https://www.joc.or.jp/beijing/athlete/list.html


2008年のニュース一覧へ戻る