JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/24
北京オリンピック閉幕に寄せて〜日本代表選手のコメント〜A

松田知幸(ライフル射撃男子)
多くの観客の中で、また家族の前で競技することができ、とても感動した。自分の競技が終わったとき、子どもが泣いている姿を見て、自分も泣いてしまった。この経験を4年後に活かしたい。

山下敏和(ライフル射撃男子)
メダルを獲ることに対して、さらに意欲が湧いてきた。全力でオリンピックのメダルを獲る価値があることを再確認できた。

早川浪(アーチェリー女子)
オリンピック出場が決まってからいろんなことがあったが、それらが頭の中で早回しでシャシャッと映画のハイライトのように流れた。仲間からの応援、母国である韓国からの応援、そしてその韓国の選手とベスト4入りをかけて対戦ができたことが印象に残っている。

上原浩治(野球)
残念な結果になってしまい本当に悔しい。これから日本球界が、国際試合にどう適応し、勝つために何が必要かを考えるとき、やらなければいけないことがまだまだあるとつくづく感じた。

和田毅(野球)
応援していただいた日本国民の方々に屈辱的な思いをさせてしまい、本当に申し分けない。この結果に危機感を覚える。野球はオリンピックから一時的に外れてしまうが、この敗戦は野球界が変わる上での一つの転機になるように思う。

井出樹里(トライアスロン女子)
トライアスロンを始めてからまだ2年半だが、今回の5位という結果には満足していない。あんなにも多くの人の想いと力に包まれて走れたことは本当にありがたく、また幸せだった。

庭田清美(トライアスロン女子)
次に向けてさらにやる気になった。日本選手にもメダルの可能性が大いにあると感じた。メダルの可能性を自分自身でも信じて次を目指し、若手の選手にもそれを伝えていきたい。

○関連リンク
日本代表選手団プロフィールはこちら     https://www.joc.or.jp/beijing/athlete/list.html


2008年のニュース一覧へ戻る