/ オリンピック / バンクーバー2010 / 日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア
 

第21回オリンピック冬季競技大会(2010/バンクーバー)

日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア

2009年9月1日、JOCは第21回オリンピック冬季競技大会(2010/バンクーバー)日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアを発表しました。
今回オフィシャルスポーツウェアをご提供頂いたのは、JOCオフィシャルパートナーである株式会社デサント、ミズノ株式会社、株式会社アシックスの3社。レプリカ商品の販売については、各社ホームページをご覧下さい。

株式会社デサント

ウォーマージャケット・パンツ、トレーニングジャケット・パンツ、セーター、ハーフパンツ、キャップ、ニットキャップ、グローブ、ソックス

デザインコンセプト
“FUNCTION TO IMPRESS”〜機能性デザイン〜

機能との調和、着る人との調和をデザインの最も大切な要素と考え、ウェアが備えるべき機能性を追求しました。

カラーテーマ
“白(アイスホワイト)×藍(ネイビー)×赤(レッド)”

神聖(白)、名誉(藍)、情熱・エネルギー・闘志(赤)を組み合わせ、沈着冷静な中にみなぎる闘志を合わせ持つ日本選手団のファイティングスピリットを表現しています。

ジャパンロゴマーク
“ライジングレッド”

湧き上がる情熱、エネルギー、闘志をイメージし、且つシャープなスピード感を表現しています。
視認性に優れるバランスを重視したデザイン配置には、日本選手団全員に強い一体感が生まれることへの期待も込められています。

印象的なアシンメトリーデザインと、機能性の融合

選ばれし日本代表選手たちの“誇り”を表現し他国との明かな差別化による“一体感”の演出。これに機能が融合され“FUNCTION TO IMPRESS”〜機能デザイン〜を表現する象徴的なアイテムとなります。トレーニングスーツは表彰式でも着用されます。

ウォーマージャケット
最先端の技術で従来のダウンウェアの弱点を克服した“水沢ダウン”を採用し、優れた保温機能を確保。
“水沢ダウン”は、最新の国内縫製技術を用いたノンキルト、ウォータープルーフダウンです。
熱接着ノンキルト加工

差しステッチ部分を熱接着によるノンキルト加工にすることで水分含浸を防ぎ、高い防水性を発揮します。また針穴が無いので、羽抜けも防ぎます。

シームテープ加工

縫製が必要な肩線や袖ぐり、脇線などにはシームテープ加工を施すことで水の浸入を防止しています。

止水ファスナー

前立てファスナーや脇ポケットファスナーには、止水加工を施した特殊なファスナーを用いて水の浸入を防止しています。

ウォーマージャケット・パンツ
積極保温素材“ヒートナビ”を採用し、環境にも配慮。
“ヒートナビ”は、太陽光を効率よく利用して光吸収性能を高めた蓄熱保温素材です。 機能性と保温性を兼ね備えた地球環境に優しい、新しい概念の素材です。

・繊維に閉じ込めた炭素系無機物質が、太陽光を吸収し熱に変換。
・特殊な断面構造で光吸収面積をアップ。
・従来繊維より5℃暖かくなる繊維。
・再生ポリエステルを使用。
トレーニングジャケット・パンツ
身体の動きにあわせて自在に伸びる360°4WAYストレッチ素材の採用で快適性を実現。
360°方向の伸縮性に優れた素材を使用することで、身体の動きに追従する優れたストレッチ性、卓越したストレッチバック性を発揮するので、快適な着用感が得られます。さらに汗を素早く吸収し拡散する吸汗速乾機能と、通常のニットジャージ生地より軽量性を実現しました。
ハーフパンツ
トレーニングジャケットと同様の360°の伸縮性を使用。両脇と左腿にポケットを配置。いずれもファスナー付で、座った際にも中に入れたものが落ちにくくなっています。
セーター
マイクロファイバーフリースとボアフリースとのボンディング素材を採用。静止空気を多く含み、断熱層を形成することにより外熱の伝達を防ぎ、優れた保温性を保ちます。
キャップ
アグレッシブなデザインに、ウール素材を採用。保温性を確保します。
ニットキャップ
通常のニットキャップに加え、イヤーウォーマーやネックウォーマーにも出来る多機能アイテム。ウール、ポリエステル素材を採用。保温性を確保します。
グローブ
ソフトで防風性に優れた人口皮革を表地に採用し、内側にはボアを施しています。保温性に加え、指を動かし易い設計です。
ソックス
抗菌防臭効果を備え、立体編みたてと部分着圧を施した3Dソックス。
株式会社デサント プレスリリース
http://www.descente.co.jp/press_releases/detail/187
*2009年12月中旬よりレプリカ商品を全国のスポーツ店等にて販売を予定しております。
http://www.descente.co.jp/press_releases/detail/186
ミズノ株式会社

ジップネックシャツ、バックパック、キャリーバック

ジップネックシャツ
ミズノ独自の吸湿発熱素材『ブレスサーモ』を採用しています。『ブレスサーモ』は、人体から発生する水分を吸収して発熱する保温素材です。吸湿発熱した空気を繊維間に取り込み保温するため、衣服内をドライで温かな状態にします。
バックパック・キャリーバック
トップアスリートの誇りと輝きをイメージした光り輝く一番星をデザインしています。光沢感のある生地を使用し、高級感のあるテイストに仕上げています。物の出し入れがし易い大型フロントポケットのほか、機能的なポケットを内外に多数配置しています。バックパックは、フィット感と通気性を考慮した背面構造を、キャリーバックは、持ち易いハンドル設計や回転音が静かなサイレントホイールを採用するなど、長時間使用しても快適性を持続する工夫を施しています。
ミズノ株式会社 プレスリリース
http://www.mizuno.co.jp/whatsnew/news/nr090901/nr090901.html
*2009年1月23日よりレプリカ商品を順次発売します。
株式会社アシックス

Tシャツ、シューズ

Tシャツ
運動中の着用感をより快適にするために、優れた吸汗・速乾性はもとより、いかに濡れ戻りを防ぐかに着目し開発された素材「ドライプレミアム」を採用しています。毛細管現象を応用した編地で肌面層から素早く吸汗、表面層でより広く拡散し蒸発させる多層構造を採用。濡れ戻りを防ぎ、ベトつきにくい快適な着用感が得られ、ソフトで滑らかな風合いも持ち合わせています。

また、運動時における皮膚や関節の形状変化を分析し、ウェアが引きつれにくい当社独自のカッティング機能「プロフィットテクノロジー」を搭載しています。腕を動かした際に袖の引っかかりや突っ張る感じが抑えられ、ストレスを軽減できます。

デザインは、ホワイトとネイビーの2種類を用意し、どちらも日の丸を連想させるレッドをポイントカラーにしています。また、左胸にJOCの第1エンブレム、背中には「JAPAN」の文字を大きく配しています。
シューズ
雪面での使用を考慮し、靴底には低温でも硬化しにくく粘性の高い素材「スノーコンパウンドラバー」を採用するとともに細かな意匠を配し高いグリップ力を持たせています。かかと部には衝撃緩衝材「αGEL(アルファゲル)」を内蔵しクッション性を高めています。

また、アッパー裏材にははっ水フィルムを挟んで耐水性を高め、立体成型した中敷きを採用しフィット感を高めています。

カラーは、ホワイトを基調にレッドとシルバーのアシックスストライプを入れ、かかと部にJOCの第1エンブレム、かかと部横に「JAPAN」の文字を配しています。
株式会社アシックス プレスリリース
http://www.asics.co.jp/corp/press/pressdoc/~NT0000214E