選手強化

スポーツ指導者海外研修事業

帰国者報告書

平成21年度 長期派遣(2年) 2名

競技団体 氏名
(フリガナ)
競技・指導実績 研修地 研修期間 研修項目
バレーボール
(男子)
中垣内 祐一
(ナカガイチ ユウイチ)
89〜95 ワールドカップ出場
90〜98 世界選手権出場
92 バルセロナオリンピック 6位
04〜 堺ブレイザーズ監督
アメリカ
(アナハイム)
平成21年8月3日 〜
平成23年5月2日
世界トップレベルの指導法習得する。

平成22年度 短期派遣(1年) 3名

競技団体 氏名
(フリガナ)
競技・指導実績 研修地 研修期間 研修項目
陸上
(長距離)
高岡 寿成
(タカオカ トシナリ)
96 アトランタオリンピック 出場
00 シドニーオリンピック
  10,000m 7位
93、97、99、01、05 世界選手権出場
05 世界選手権
  マラソン 4位
アメリカ
(マンモスレイク)
平成22年8月31日 〜
平成23年8月30日
マンモストラッククラブに帯同し、高地トレーニングなどの科学的なトレーニング及びアメリカの選手強化方法を学ぶ。
卓球 三原 孝博
(ミハラ タカヒロ)
05〜 全日本選手権
  シングルス ベスト8
05 全日本社会人選手権大会
  シングルス 3位、ダブルス 2位
05 中国オープン 出場
08 オーストリアオープン、
  ロシアオープン 出場
中国
(河北省)
平成22年8月30日 〜
平成23年8月11日
若年層からトップまでの育成方法について学ぶ。
バイアスロン 小舘 操
(コダテ ミサオ)
88 カルガリーオリンピック出場
92 アルベールビルオリンピック出場
94 リレハンメルオリンピック 出場
06 トリノオリンピック バイアスロンチーム監督
オーストリア
(ザルツブルグ)
平成22年6月21日 〜
平成23年6月20日
バイアスロン競技におけるスキー技術、射撃技術、指導法を習得し、バイアスロン連盟組織のあり方についても学ぶ。

ページトップへ