JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / トリノニュース
   
2006/02/26
【スピードスケート】選手から閉幕直前のコメントが届きました!

清水 宏保 選手:
期待にこたえることが出来ませんでしたが、ベストはつくしました。本当に応援してくださってありがとうございました。

加藤 条治 選手:
いい経験になりました。バンクーバーでは今度こそ皆さんの期待に応えられるよう頑張ります。

及川  佑 選手:
楽しかったです。またオリンピックに出場したい気持ちでいっぱいです。

今井 裕介 選手:
たくさんの人に支えられて本当に良いオリンピックになりました。結果は悔しいですが皆さんに感謝しています。

中嶋 敬治 選手:
4年後を見ててください。

牛山 貴広 選手:
この経験を人生で生かしていきたいです。応援と支えてくれた人々に感謝しています。

杉森 輝大 選手:
今回オリンピックに出場でき、自分の回りにいる人々に感謝します。応援ありがとうございました。

宮ア 今佐人選手:
初めて参加したオリンピックで結果的には納得できるものではなかったですが、本当に色々な経験が出来ました。4年後はもっと強くなって戻って来たいと思います。

岡崎 朋美 選手:
日本代表選手団の主将に選ばれ、大変光栄でした。メダルの数は少なかったですが選手たちは全力を尽くしたと思います。参加した選手はトリノの経験を生かして、バンクーバーで世界のトップを狙って欲しいです。

吉井 小百合選手:
初めての参加でたくさん勉強になることがありました。これからのスケート人生の中に生かし、もっともっと強くなりたいと思いました。

大菅 小百合選手:
あっという間のオリンピックでした。4年間の努力を数分間で結果として残すことが出来ず非常に難しいなと感じた今回のオリンピックでした。でも、全力を尽くした結果に悔いはありません。

渡邊 ゆかり選手:
不本意な結果に終わり、悔しい気持ちでいっぱいです。また4年後バンクーバーで聖火を見るときまでは一回りも二回りも成長した自分でいたいと思います。

外ノ池 亜希選手:
思ったより結果が出ず、物足りない感じはありますが、このオリンピックを踏み台にしてこれからもがんばります。

石野 枝里子選手:
あっという間のオリンピックでした。もっと強くなってバンクーバーに出たいです。

大津 広美 選手:
大会が始まってから早くオリンピックが過ぎてしまいました。また次のバンクーバーオリンピック出場を目指して頑張ります。

根本 奈美 選手:
チームパシュートにも出場することが出来、もう少しでメダルでしたが、楽しく滑れたと思います。
4年間は長かったですけど、楽しい2週間はあっという間でした。

妹尾 栄里子選手:
良い思い出になったオリンピックでした。2回オリンピックに出場でき、大変嬉しく思っています。

○関連リンク
スピードスケートチームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/torino/athlete/speedskating/index.html


2006年のニュース一覧へ戻る