JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / トリノニュース
   
2006/02/26
【バイアスロン】選手から閉幕直前のメッセージが届きました!

菅  恭司 選手:
4年に一度のオリンピックに4年分の「力」を出すことが出来ました。オリンピックに参加できたことは生涯の誇りです。

笠原 辰巳 選手:
今回はオリンピックという特別なプレッシャーはなかったが、目標にあげた成績には及ばず悔しい思いをした。しっかりと反省をし、次につなげられるようにしたい。

伊佐 英徳 選手:
成績が振るわず世界との差を感じたが、近づける要素はたくさんあるので、またトレーニングに励み、頑張りたいと思います。

齊藤 慎弥 選手:
オリンピックでは力をある程度出すことは出来た。しかし、リレー入賞のチャンスをつぶしてしまった。その悔しさを晴らすためにまた、迷惑をかけたチームのために4年後はメダルを取れる自分になってオリンピックに来たい。

築館 郁代 選手:
前回は補欠で終わってしまい、今回は走ることが出来たけど、色々経験させられる大会でもあった。また、選手村で生活できたことが一番自分のためになったのかも…。冬季競技の他の方々と接することができ、とっても気分転換が出来た。ビックイベントは終わってしまうが、残りのワールドカップへの意欲がわいてきた。

大 友美 選手:
バイアスロン選手として初めてオリンピックに参加し、一番自分の中で気を使っていた体調管理がしっかりでき、大会に望めたが世界のトップ選手との差を痛感しました。自分なりに全力を尽くしたが悔しい思いをしたオリンピックでした。精神的にもっと強くなりたいと思った。

目黒 香苗 選手:
トリノオリンピックは私にとって最初で最後のオリンピックになると思います。今振り返るとあっという間に過ぎてしまったような感じです。思い出されるのは、オリンピックまでの4年間のトレーニングのこと。自分なりに一生懸命やってきたこの経験は今後の人生にも役に立つと思っています。

田中 珠美 選手:
2度目のオリンピック「あー、やっちゃったよ」という感じで終わってしまいました。今シーズン、体はオリンピックが近づくに連れてよくなってきたのですが、心の中が“ガタガタ”で最悪のまま迎えてしまい、最後まで立て直せなくて…。苦しいオリンピックでした。今後、その部分を強くして、ひとまわり、ふたまわりと大きくなりたいです。

○関連リンク
バイアスロンチームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/torino/athlete/biathlon/index.html


2006年のニュース一覧へ戻る