JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / トリノニュース
   
2006/02/26
【ボブスレー】選手から閉幕直前のメッセージが届きました!

清川  卓 選手:
決してよい成績ではなかったが、自分の持っている力を十分発揮できたと思う。今まで自分を支えてくれた多くの人、また家族に素直に「ありがとう」と言いたい。このオリンピックで学んだことはたくさんあるのでこの経験をこれからのボブスレー界発展にいかしていきたい。

小林 竜一 選手:
応援してくれた方々の期待に応えるだけの成績ではありませんでしたが、全力でやりきった結果だし、素直に受け止めています。今回の出場には本当にたくさんの方々に支援してもらいました。感謝してもしきれないほどです。オリンピックで感じたことはたくさんありますので、これを今後生かし、伝えていくべきだと心に強く思っています。

桧野 真奈美選手:
「悔しいです」一生懸命、精一杯戦い滑りました。しかし、成績を残すことができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。現実をしっかりと受け止め、環境を整え、4年後、必ずまたこの素晴らしい舞台に戻って戦いたいと思います。そして、たくさんの方々のおかげでここ、トリノにこさせていただけた事に心のそこから「ありがとうございました」

長岡 千里 選手:
終わってみるとあっという間のオリンピックでした。想像してる以上に盛り上がり、たくさんの人々と交流でき、本当に楽しかったです。ボブスレー女子初出場というプレッシャーはありましたが、今私ができる全力を出し切りました。応援してくださった方々には申し訳なかった結果になりましたが、今後のボブスレー界の発展を見守っていただきたいと思います。今回の経験が今後の私の人生にとって実りになるよう生かしていきます。本当にありがとうございました。

○関連リンク
ボブスレーチームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/torino/athlete/bobsleigh/index.html


2006年のニュース一覧へ戻る