JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / トリノニュース
   
2006/02/26
【スケルトン】選手から閉幕直前のメッセージが届きました!

越  和宏 選手:
応援に心から感謝いたします。結果を出せなかった自分を反省し、新たな喜び、夢を皆様に与えられるよう、努力を重ねてまいります。ありがとうございました。

稲田  勝 選手:
今回のオリンピックで調整や本番の難しさを感じました。4年後には必ずこの失敗を生かし、応援してくださる方みんなが喜んでくれるよう努力します。

中山 英子 選手:
4年間本当に様々な面で努力はしてきたが、1人の力の限界を感じました。今後についての不安を抱えながら閉幕を迎えてしまうのは残念ですが、今後スポーツを取り巻く日本の環境の向上の手がかりとなるオリンピックとなればいいなと思っています。

○関連リンク
スケルトンチームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/torino/athlete/skeleton/index.html


2006年のニュース一覧へ戻る