JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / トリノニュース
   
2006/02/26
【カーリング】選手から閉幕直前のメッセージが届きました!

小野寺 歩 選手:
4年間、トリノを目指して本当に良かったと思います。日本が私達のプレーに一喜一憂してくれたとのことでたいへん幸せに感じてます。後半戦、ここまでいい試合ができたのは、日本中の応援が届いたからだと信じています。日本の皆さんになんとお礼を言ったらいいか、言葉が見つからないほど、感謝で胸がいっぱいです。本当に応援ありがとうございました。

林  弓枝 選手:
悔しさと喜びの涙を流したオリンピックが今閉幕しようとし、改めてカーリングへの思いがつのります。応援してくださった皆さんの気持ちが私の支えとなり、前向きに楽しくプレーすることができました。そして、結果ではない特別なものを得たオリンピックとなりました。

本橋 麻里 選手:
結果だけを見てしまうと“7位”という悔しい順位になります。しかし、9試合、チームで汗を流し、涙を流した1試合1試合は、絶対に忘れることができません。そしてカーリングを応援してくださった方々には、本当に感謝で一杯です。ありがとうございました!!グラッツェ!!

目黒 萌絵 選手:
初めてのオリンピック、たくさんの思い出ができました。思い通りの結果にはなりませんでしたが、皆さんからの応援が、試合期間中も、そして試合が終わった今も私の支えとなり、力になりました。
本当にありがとうございました。

寺田 桜子 選手:
7位という結果にはとても悔しさが残りました。今、全てを振り返ると日本中のカーリングを応援してくださった方々、トリノのボランティアの皆さん、チームジャパンとして一緒に戦った皆さん、そして何よりも3年間気持ちを一つにして努力してきたチームメイト、本当に沢山の人に支えられ、感謝の気持ちで一杯です。

○関連リンク
カーリングチームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/torino/athlete/curling/index.html


2006年のニュース一覧へ戻る