/ 選手強化 / TEAM JAPAN DIARY
TEAM JAPAN DIARY

« 前の記事に | メイン | 次の記事に »

2010/03/03

選手36人から閉幕コメントが集まりました!(3)

Speed
(左から)銀メダルを獲得した、田畑選手、小平選手、穂積選手(写真提供:アフロスポーツ)

小平奈緒(スピードスケート女子チームパシュート銀メダル)
オリンピックの舞台で普段の力を発揮するには、スケートが好きと言う強い気持ちを持つことが何より大切です。それを強く感じました。個人レースではメダルを狙えるという心のすきがあってメダルに届きませんでした。チームパシュートでは、それを教訓にしっかりとしたレースをすることができたと思います。

田畑真紀(スピードスケート女子チームパシュート銀メダル)
スケート人生の集大成と思って臨みました。個人レースでは悔しい思いがあったけれど得たものもあり、それを生かしてチームパシュートに臨むことができました。たくさんの人に支えられて獲れた銀メダル。ずっしりとした重い思いが詰まっています。

穂積雅子(スピードスケート女子チームパシュート銀メダル)
4年に1度のオリンピックで勝つことの難しさを強く感じました。平常から戦う気持ちを大事にして、頑張っていきたいです。

名取英里(スピードスケート女子)
4年前から夢みてきたオリンピックでした。自分の試合も、応援も頑張りました。平常心で滑るつもりが、感覚が違って、一歩一歩がいつものリラックスした滑りになりませんでした。チームパシュートの銀メダルを見て、私もこのままでは終われない、と思いました。


Takahashi_2
銅メダルを獲得した橋選手(写真提供:フォート・キシモト)

Asada_2
浅田選手は銀メダルを獲得(写真提供:フォート・キシモト)

橋大輔(フィギュアスケート男子シングル銅メダル)
4年前に荒川静香さんがオリンピックを楽しんでいる様子を見ていて、今度は自分もオリンピックの雰囲気を楽しもうとの気持ちで臨みました。メダルを獲った自分をほめてあげたい。これだけ世界が一つになれるものは、なかなかないと感じました。氷に立ったときに、応援の気持ちの大切さがすごく伝わってくる。今回は生き生きと滑って、いい演技ができました。ここは人間のパワーを結集する舞台ですね。

織田信成(フィギュアスケート男子シングル)
演技面の反省はありますが、オリンピックの舞台に立つことを支えてくれた人たちのためにも、もっと自分を高め、いい演技をしたいと思います。悔しさが残ったことで、向上心がぐっと出ました。もっと強くなりたいと心から感じています。

小塚崇彦(フィギュアスケート男子シングル)
納得している気持ちと、不満な部分の両方があります。練習をしていれば、どんなに緊張する舞台でも、いい演技ができるということが分かりました。今まで苦労していた4回転ができたことはうれしいです。橋選手の(銅メダルの)日の丸を見て、鳥肌が立ちました。4年後も是非出場して、今度は自分も表彰台に立ちたいです。

浅田真央(フィギュアスケート女子シングル銀メダル)
オリンピックという大きな舞台でとても緊張したけれど、この舞台を踏んだことで他の試合を冷静にできる自信がつきました。オリンピックは目標に向かって行く人ばかりがいる選手村という、一つの町の中に入ることがすごい刺激です。いろんな競技があるけれど、金銀銅のメダルをゲットできたときの喜びは、きっと同じなんだろうなと共感を持って見ました。

鈴木明子(フィギュアスケート女子シングル)
オリンピックに向けて、まっすぐにひたむきに練習できる過程が充実していて、目標があって頑張れることって素晴らしいなと改めて思いました。揺らぎない気持ちでまっすぐに向かう姿が、人をひきつける大会なんだと思います。トップ選手と肩を並べる試合ができ、得るものが大きく、大会を通して成長できたと思います。

安藤美姫(フィギュアスケート女子シングル)
オリピックは、人とのつながりの大切さを感じる場所です。2回目のオリンピックでやっとそれが分かりました。声援の大きさ、支える人の大きさが、競技の力に変えることができて、フィギュアスケートをやっていて本当によかったと思えました。今回感じた幸せを忘れずに、人との出会いを大切にしていきたいと感じています。


Short_3
リレー3000mは7位に入賞。(左から)桜井選手、貞包選手、酒井選手(写真提供:アフロスポーツ)

桜井美馬(ショートトラック女子)
今回は結果に結びつかず、この悔しい思いを無駄にしないよう4年後のオリンピックを目指し、悔しさを持ち続けていきたいです。戦う相手は同じなのに、宙に浮いている感じで、今までにない感覚でした。オリンピックを良いものにするためにももう一度出たいです。

酒井裕唯(ショートトラック女子)
会場が満員で、コーチの指示も聞こえないほどでした。緊張するかと思いましたが、意外にも平常心で臨めたと思います。オリンピックの空気を体験して、自分の足りなさを痛感しました。橋本団長がチームのミーティングに挨拶に来てくださったりして、ただ競技をするだけではなく、チームジャパンが団結することの強さを感じる機会になりました。


Bob_2
(左から)女子2人乗りに出場した、浅津選手と桧野真奈美選手(写真提供:ロイター/アフロ)

浅津このみ(ボブスレー女子)
オリンピックに出場して、他国の方々とこれまで以上に交流でき、技術的な差、オリンピックに向けての考え方、モチベーションの違いを痛感しました。競技を始めてまだ半年しかたってないため、経験の差もありますが、まだ上を目指していける可能性が十分にあるとも思います。


Curling_3
カーリングは8位に入賞。(左から)石崎選手、目黒選手、本橋選手(写真提供:フォート・キシモト)

目黒萌絵(カーリング女子)
もっとチームを引っ張っていきたかったです。残念な結果で、申し訳ない気持ちです。次の大会へ向け、前向きにプレーしていきたいです。応援してくださった皆さん、本当に感謝しています。

近江谷杏菜(カーリング女子)
自分のプレーには納得していないですが、今大会の経験を次につなげていきたいです。たくさんの応援ありがとうございました。

本橋麻里(カーリング女子)
最後まで、自分らしいプレーができていなかったです。この悔しい思いを次の日本選手権、世界選手権にぶつけていきたいです。これからも応援よろしくお願いします。

石崎琴美(カーリング女子)
今大会にあわせて調整をしてきたので悔しい結果ですが、チームメイト、たくさんの人に支えられ、感謝の気持ちで一杯です。

山浦麻葉(カーリング女子)
途中出場ではありましたが、集中力を高め、試合には望んだつもりです。結果には満足していませんが、次の大会へ向け、調整していきたいです。応援ありがとうございました。

(敬称略) (JOC広報チーム)

CALENDAR

2011 / 03
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31