競技紹介

HOME競技紹介体操
体操

競技の歴史

体操は古代オリンピックの種目のひとつでした。その頃、ロープ登りや棒高跳など陸上競技の種目もありましたが、現在では「体操競技 Artistic」「新体操 Rhythmic」「トランポリン Trampoline」の3種別に分けて競技を行っています。

体操競技の種目は、男子がゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の6つ。女子は跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかの4つです。これに加え、男子6種目、女子4種目の合計点で競う個人総合、チームで競い合う団体があります。オリンピックでは1996年のアトランタ大会を最後に規定演技が廃止され、自由演技だけで競技されています。オリンピックの体操競技に女子が参加したのは、エキジビションではありますが1928年のアムステルダム大会からです。

新体操がオリンピックで行われるようになったのは、1984年のロサンゼルス大会からのことです。また、5名で行う団体は、1996年のアトランタ大会が最初です。新体操は、ロープ、フープ、ボール、クラブ、リボンの種具を使って競技を行います。

トランポリンは、2000年のシドニー大会から体操の新しい種別として競技されるようになりました。


日本での競技の歴史

日本の選手がオリンピックに登場したのは、1932年のロサンゼルス大会が最初です。この時の成績は、団体5チーム中5位で、世界との差をまざまざと見せつけられた大会でした。ところが、1960年のローマ大会で男子団体優勝をはじめとし、1964年東京大会、1968年メキシコシティー大会、1972年ミュンヘン大会、1976年モントリオール大会と、オリンピック5連覇を達成し、体操王国ニッポンの名を世界にとどろかせました。女子も1964年東京大会で団体銅メダルを獲得しています。

過去の入賞者、メダル獲得については、「オリンピック歴代日本代表選手全記録」で検索できます。

関連情報JOC年表オリンピックの歴史


Photo:AFLO SPORT

オリンピック <体操>
ロンドン2012
-日本代表選手団
 体操競技
 新体操
 トランポリン
- 競技日程
 体操競技
 新体操
 トランポリン
- 実施種目
-結果・記録
 体操競技
 新体操
 トランポリン
北京2008
- 競技情報
 体操
 新体操
 トランポリン
- 日本代表選手団
 体操
 新体操
 トランポリン
- スケジュール
 体操
 新体操
 トランポリン
- 結果・記録
 体操
 新体操
 トランポリン
アテネ2004
- 日本代表選手団
 体操
 新体操
 トランポリン
- スケジュール
 体操
 新体操
 トランポリン
- 結果・記録
 体操
 新体操
 トランポリン
シドニー2000
- 日本代表選手団
 体操
 新体操
 トランポリン
- 結果・記録
 体操
 新体操
 トランポリン
- フォトギャラリー
アトランタ1996
- 日本代表選手団
 体操
 新体操
- 結果・記録
 体操
 新体操
- フォトギャラリー
日本選手団全記録検索

アジア競技大会 <体操>
仁川
仁川2014
- 日本代表選手団
 体操
 新体操
 トランポリン
- 結果・記録
 体操
 新体操
 トランポリン  
広州
広州2010
- 日本代表選手団(PDF)
 体操
 新体操
 トランポリン
- 結果・記録
 体操
 新体操
 トランポリン  
doha
ドーハ 2006
- 日本代表選手団(PDF)
 体操
 新体操
 トランポリン
- 結果・記録
 体操
 新体操
 トランポリン
pusan
釜山 2002
- 結果・記録
 体操
 新体操

関連情報
- (公財)日本体操協会
- 国際体操連盟




ページトップへ