/ JOC / JOC NEWS
 
JOC NEWS

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/20

第6回スポーツと環境担当者会議を開催しました

11月20日(金)、第6回スポーツと環境担当者会議を味の素ナショナルトレーニングセンター(北区)で開催しました。

Img_0093_2

今回は『スポーツの力を変革に活かす』をテーマに、プログラムを実施。
JOC加盟団体の環境担当者をはじめ、スポーツ環境専門委員、アスリート専門委員等
約90名に参加頂き、スポーツ界から環境を考える場となりました。

(同セミナーの詳細は、後日JOC公式サイトにて公開予定です。)

2009/11/10

2010年アジア競技大会のキャンペーン「Road of Asia」に署名

 2010年に中国・広州で開かれる第16回アジア競技大会の組織委員会代表団が来日し、日本オリンピック委員会(JOC)は、同大会のキャンペーン「Road of Asia」の記念ブックレットに署名を行いました。

Img_9784

 来日したのは、同大会組織委員会から、キャンペーン代表団のユアン・ユー代表ら3名。「準備は順調に進み、新設する12施設のうち8施設は完成しました」とユアン代表から、大会運営の進捗を報告いただきました。同代表団は、キャンペーンの一環として参加45カ国を訪問中で、日本は37番目となります。

Img_9804

 JOCからは、竹田恆和会長、水野正人副会長、市原則之専務理事が出席。記念ブックレットに署名し、ユアン氏らへの記念品を贈呈しました。竹田会長は「アジア大会では過去最大の42競技となる大きな大会。日本オリンピック委員会としても最高の選手団で臨みたい。大会の成功をお祈りいたします」とあいさつしました。

Img_9835

 アジア競技大会は、2010年11月12日から27日まで、中国・広州で開催されます。

2009/11/05

デーラン長野大会開催!

11月1日(日)、デーラン長野大会を開催しました。

実施場所の南長野運動公園は、1998年長野冬季オリンピックのメイン会場です。

Nagano03
桜の花をイメージした花びらの形の外壁のスタジアムは、開閉会式会場として使用されました。中央で、参加者の皆さんと元気いっぱい準備体操する荻原健司さん(スキー・ノルディック複合)は、長野オリンピックで日本代表選手団の主将を務めました。

Nagano02
(松下浩二さん(卓球)さんはちびっこと一緒に走りました!)

Nagano04
(根本奈美さん(スケート・スピードスケート)と腹筋で勝負!どっちが多いかな?!)

Nagano05
(幅跳びでは、せ〜の!ジャンプ!!)

当日実施した、オリンピックデーラン(5km・3kmジョギング、3kmウォーキング)、JOCチャレンジ体力テストには延べ2,241名に参加頂き、

オリンピアン達も、スポーツを通し皆さんと触れ合いながら、楽しい一日を過ごしました。

次回のデーランは11月22日(日)、茨城県ひたちなか市で開催します。
是非ご参加ください!

■デーラン開催地一覧

http://www.joc.or.jp/event/dayrun/2009/

----------------------------------------------------------------------------------------------------

バンクーバーオリンピック公式マスコットが来日!

バンクーバーオリンピック開催まであと100日となった11月4日、バンクーバーオリンピック公式マスコット「ミーガ」「クワッチ」「スーミ」が来日しました。3匹は、日本スキー連盟の「Japan Ski Team 2009/2010 TAKE OFF 記者会見」の会場に現れ、日本選手らに笑顔を振りまいてくれました。

Img_9646_2 左からクワッチ、ミーガ、スーミ

3種類の公式マスコットは、先住民の神話に登場する生物からヒントを得たもの。ミーガは、シャチが陸に上がるとクマに変身するという伝説上の生物「シーベア」がモチーフ。クワッチは、太平洋沿岸西部の先住民に伝わる巨人。スーミは、シャチの形の帽子をかぶり、雷神鳥の翼で空を飛び、毛深いアメリカクロクマの足で走るという精霊です。バンクーバーオリンピックの会場では、選手や観客を出迎えてくれる予定です。

Img_9731

出場が内定しているフリースタイルの上村愛子選手は、「100日前と聞いて、『もう』でも『まだ』でもない。気持ちはとても落ち着いています。本番を滑り終わったあと、いい滑りを出来てよかったな、という笑顔をみなさんに見せたい」と抱負を語りました。

同じく出場が内定しているフリースタイルの伊藤みき選手は、「いよいよ近づいてきたな、という気持ち。私の技術も顔も、ウエアもグローブも、すべてのものに注目して欲しい」とスイッチが入った様子。フリースタイルの西伸幸選手も「シーズン後半が良くなるタイプなので、バンクーバーに合わせて早め早めに進めています」と、万全の準備をアピールしました。