味の素ナショナルトレーニングセンター 事業紹介

味の素トレセンを舞台に、JOCは選手強化をはじめ、さまざまな事業を展開し、日本の国際競技力の向上を目指します。

1.選手強化合宿事業

国内強化合宿の中核拠点として、JISSと連携し、より効果的・効率的なトレーニングを実施する。

2.JOCスポーツアカデミー事業

JOCゴールドプランに掲げた「2016年に向けた目標達成」のため、味の素トレセンを活用した強化合宿を積極的に行うとともに、複数競技の専用練習場を持つ中核拠点のメリットを生かした競技団体間の連携を促進させながら、「チーム ジャパン」として各競技共通のプログラムを構築し、JOCスポーツアカデミーを中心とした選手強化事業をオリンピック実施競技団体と関係団体が一枚岩となって実施する。

3.栄養管理事業

アスリートヴィレッジの食堂を利用し、栄養や健康管理に関する指導を行う。

4.拠点ネットワーク・情報戦略事業

屋外や水辺系の競技の強化拠点とのネットワークを構築し、各種強化事業を効率的に展開する。

5.競技間連携事業

各競技が交流する機会を設け、チームジャパンの意識の浸透を図る。

6.競技会開催事業

競技力向上のための競技会を実施する。

7.スポーツ情報・医・科学連携事業

JISSと連携し、選手や指導者に必要なサポートや情報提供などを行う。

8.国際交流事業

世界各国と交流し、情報交換や技術交流、国際コミュニケーション力の向上を図る。

9.アンチ・ドーピング普及事業

選手や指導者のアンチ・ドーピングに対する意識の向上を図る。JADAと連携して必要な教育を行う。

10.その他の事業

ウエイトトレーニングのサポート、ストレスやプレッシャーへのカウンセリング、マスコミ対応教育などを行う。