HOMEニュース日本女子テニス連盟が「IOC女性とスポーツ賞」、金子正子さん(水泳/シンクロナイズドスイミング)が「IOCコーチ特別功労賞」を受賞

ニュース

日本女子テニス連盟が「IOC女性とスポーツ賞」、金子正子さん(水泳/シンクロナイズドスイミング)が「IOCコーチ特別功労賞」を受賞

カテゴリ:お知らせ
2017.11.10
日本女子テニス連盟が「IOC女性とスポーツ賞」、金子正子さん(水泳/シンクロナイズドスイミング)が「IOCコーチ特別功労賞」を受賞
「IOC女性とスポーツ賞」の「アジア地域の最優秀賞」を受賞した日本女子テニス連盟の武正八重子会長(中)(写真:IOC/Greg Martin)
日本女子テニス連盟が「IOC女性とスポーツ賞」、金子正子さん(水泳/シンクロナイズドスイミング)が「IOCコーチ特別功労賞」を受賞
「IOCコーチ特別功労賞」を受賞した金子正子さん(右から2人目)(写真:IOC/Greg Martin)

 国際オリンピック委員会(IOC)が実施している「IOC女性とスポーツ賞(IOC Women and Sports Awards)」に、日本オリンピック委員会(JOC)より推薦した日本女子テニス連盟が「アジア地域の最優秀賞」を受賞しました。
「IOC女性とスポーツ賞」は、女性スポーツの促進、スポーツ界における女性の世界レベルの向上を目的に、顕著な功績を残した個人もしくは団体に授与されるものです。2000年に創設され、本年で18回目となりますが、日本の団体としては初めての快挙となりました。

 また、「IOCコーチ特別功労賞(IOC Coaches Lifetime Achievement Awards)」に金子正子さん(水泳/シンクロナイズドスイミング)が選出されました。
「IOCコーチ特別功労賞」は、コーチの存在意義を高め、競技指導にとどまらず、オリンピアンの支援およびオリンピック・ムーブメントに貢献した個人に授与されるもので、オリンピック競技大会にコーチとして参加したことのある引退した男女1名ずつを対象としています。2017年に新設され、記念すべき第1回の受賞者が日本人の金子さんとなりました。

 なお、両賞の授賞式は現地時間11月9日にスイスのローザンヌで行われました。

 以下は受賞者のコメントです。

<IOC女性とスポーツ賞 アジア地域最優秀賞>
■日本女子テニス連盟 武正八重子会長
「日本女子テニス連盟がこの度「IOC女性とスポーツ賞」のアジア地域の最優秀賞という名誉ある賞を受賞することができ、大変うれしく存じます。日本中にいるテニスを愛する32,000人の女性の会員、全員にいただいたものと思っております。女性へのテニスの普及、子供たちへテニスの楽しさを伝える普及活動、ピンクリボンテニス大会を通して女性の健康を守る乳がん早期発見、早期治療のキャンペーンを行っております。どの活動も小さな一歩から始め、地道に一歩ずつ歩んできました。
 この賞をいただくことにより、世界の人々に私たちの小さいけれど、一生けん命な努力の積み重ねが伝わることになれば、とても嬉しく思います。自分だけが健康で幸せにテニスライフが送れるのではなく、皆が幸せになっていただきたいと願ってこれからも活動して行きたいと思っております」

<IOCコーチ特別功労賞>
■金子正子さん
「この度はこんな素晴らしい賞をいただきありがとうございます。今は、まるで夢を見ているようです。私の50年に及ぶコーチ人生は、8回のオリンピック参加、数えきれない国際試合での戦い、そしてたくさんの選手達との出会いのドラマで一杯でしたが、改めてまたここに大きな幸せをいただきました。
 今回私を選んでくださいました、IOCの皆様になんと御礼を申し上げたらよいのかわかりません。今まで私を支え、導いて下さった日本オリンピック委員会の皆様、コーチ仲間の皆様、そして応援をし続けてくれた家族に心からお礼を言いたいと思います。ありがとうございました」


前後のニュース




ページトップへ