HOMEニュース競泳女子の渡部が2冠 台北ユニバ第6日

ニュース

競泳女子の渡部が2冠 台北ユニバ第6日

2017.08.24
競泳女子の渡部が2冠 台北ユニバ第6日
競泳女子200メートル平泳ぎで優勝し、笑顔で手を振る渡部香生子=台北近郊(共同)

 【台北共同】ユニバーシアード夏季大会第6日は24日、台北などで行われ、競泳女子200メートル平泳ぎで渡部香生子(早大)が2分24秒15で金メダルを獲得し、100メートルとの2冠を遂げた。男子100メートル自由形は中村克(イトマン東進)が銅メダルを手にした。
 柔道の団体は決勝で男子がロシアを、女子は韓国をそれぞれ4―1で退けて優勝した。
 陸上の男子100メートル決勝で多田修平(関学大)は向かい風0・9メートルの条件下、10秒33で7位だった。無風だった準決勝1組では10秒27の3着。





ページトップへ