HOMEニュースシンクロ井村氏、続投決定 東京五輪まで、長期的強化が必要

ニュース

シンクロ井村氏、続投決定 東京五輪まで、長期的強化が必要

カテゴリ:その他競技情報
2017.08.08
シンクロ井村氏、続投決定 東京五輪まで、長期的強化が必要
井村雅代ヘッドコーチ(共同)

 日本水連は8日、東京都内で常務理事会を開き、シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(66)が2020年東京五輪まで指揮を執ることを決めた。通常は1シーズンごとの更新だが、長期的な視野での強化が必要と判断しての続投となった。
 14年に10年ぶりに日本代表の指導者に復帰した井村氏は、昨年のリオデジャネイロ五輪で実施されたデュエットで日本を2大会ぶり、チームで3大会ぶりのメダルとなる3位に導いた。
 水球の五輪テスト大会に予定していた来年夏のワールドリーグが中止となり、同年秋の日本選手権を代わりのテスト大会とすることも決めた。(共同)





ページトップへ