HOMEニュース空手の植草「五輪へのステップ」 国際大会へ意気込み

ニュース

空手の植草「五輪へのステップ」 国際大会へ意気込み

カテゴリ:その他競技情報
2017.07.07
空手の植草「五輪へのステップ」 国際大会へ意気込み
記者会見でポーズをとる植草歩(左端)、清水希容(右端)ら空手の日本代表=7日、東京都内(共同)

 2020年東京五輪で実施される空手の日本代表が7日、今月に臨むアジア選手権(アスタナ=カザフスタン)と国際総合大会のワールドゲームズ(ウロツワフ=ポーランド)に向けて東京都内で記者会見し、女子で昨年の世界選手権個人組手68キロ超級を制した植草歩(高栄警備保障)は「五輪に向けて大きなステップになる大会。両方優勝できるように頑張りたい」と意気込みを語った。
 女子形の世界女王、清水希容(ミキハウス)はワールドゲームズのみに出場する。「今年一番大きな大会。優勝はもちろん狙うけど、結果以上に一つ一つの課題をクリアしていけるようにしたい」と話した。(共同)





ページトップへ