HOMEニュース国体ショート500は酒井らV 冬季大会スケート、IH最終日

ニュース

国体ショート500は酒井らV 冬季大会スケート、IH最終日

カテゴリ:その他競技情報
2017.01.31
国体ショート500は酒井らV 冬季大会スケート、IH最終日
ショートトラック成年女子500メートル決勝 優勝した東京・酒井裕唯=長野市ビッグハット(共同)

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は31日、長野市ビッグハットなどで行われ、スピード・ショートトラック500メートルの成年女子はソチ冬季五輪代表の酒井裕唯(東京・保健科学グループ)が制した。男子は菊池耕太(長野・恵仁会)が優勝。同少年男子は新井雄貴(長野・小海高)、同女子は横山世奈(福岡・沖学園高)が勝った。
 スピード1000メートルの成年男子はソチ五輪代表の山中大地(長野・電算)、同女子は郷亜里砂(愛媛・イヨテツク)が制し、ともに500メートルとの2冠を達成。
 アイスホッケーの成年は北海道が青森を6―4で下して4年ぶりの頂点。(共同)





ページトップへ