HOMEニュース就職支援「アスナビ」:清水啓輔選手(ビーチバレーボール)が「社会福祉法人ひまわり福祉会」に採用決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:清水啓輔選手(ビーチバレーボール)が「社会福祉法人ひまわり福祉会」に採用決定

カテゴリ:就職支援
2016.10.04
就職支援「アスナビ」:清水啓輔選手(ビーチバレーボール)が「社会福祉法人ひまわり福祉会」に採用決定
社会福祉法人ひまわり福祉会への採用が決まった清水選手(写真:フォート・キシモト)
就職支援「アスナビ」:清水啓輔選手(ビーチバレーボール)が「社会福祉法人ひまわり福祉会」に採用決定
ワールドツアーへの出場経験もある清水選手(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、ビーチバレーボールの清水啓輔選手が「社会福祉法人ひまわり福祉会」に採用されました(2016年10月1日付入職)。
 今回でアスナビを通じた採用は、88社/団体126名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 清水選手は2014年のJVAシリーズA大洗大会で優勝し、ワールドツアー厦門オープンにも出場。翌年の2015年JVAシリーズA志摩大会で優勝するなど、2020年の東京オリンピックを狙う日本トップクラスの選手です。

 採用が決まり、「この度、社会福祉法人ひまわり福祉会に就職することが決定し、身の引き締まる思いです。より一層の競技力向上はもちろんのこと、それだけではなく、自らの価値を考え、創造し、会社、社会に貢献できる人間になるべく、精進していきます」と採用について語った清水選手。「2020年東京オリンピックに向け、日本のスポーツはさらに盛り上がっていくことと思います。そのオリンピックを目指す一つのモデルとして、私がよき手本となることで、後の世代に良い刺激を与えていけたらと考えています。今後、より一層の自覚を持って取り組んでいきたいと思います」と抱負を述べました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。





ページトップへ