HOMEニュース体操リオ五輪代表が試技会 5時起き内村、好演技

ニュース

体操リオ五輪代表が試技会 5時起き内村、好演技

カテゴリ:オリンピック
2016.07.09
体操リオ五輪代表が試技会 5時起き内村、好演技
試技会で鉄棒の演技をする内村航平=味の素ナショナルトレーニングセンター(共同)

 リオデジャネイロ五輪の体操男子で3大会ぶりの団体総合金メダルを目指す日本代表が9日、国内最終合宿中の東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで試技会に臨み、エースの内村航平(コナミスポーツ)は鉄棒で15・900点をマークするなど6種目合計92・450点と抜群の安定感を発揮した。
 8月6日の予選と同様に、午前10時半にあん馬から開始。内村は5時に起床して備えたそうで、高難度の跳馬「リ・シャオペン」の成功に「朝から(着地で)立てて自信につながる」と話した。(共同)





ページトップへ