HOMEニュース就職支援「アスナビ」:鈴木沙織選手(スキー・フリースタイル)が「城北信用金庫」に採用決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:鈴木沙織選手(スキー・フリースタイル)が「城北信用金庫」に採用決定

カテゴリ:就職支援
2016.05.02
就職支援「アスナビ」:鈴木沙織選手(スキー・フリースタイル)が「城北信用金庫」に採用決定
3/3に行われた企業説明会でプレゼンをする鈴木沙織選手(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、スキー・フリースタイルの鈴木沙織選手が「城北信用金庫」に採用されました(2016年4月28日付入庫)。
 今回でアスナビを通じた採用は、75社/団体105名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 スキー・フリースタイルのハーフパイプで平昌オリンピックを目指す鈴木選手は、ことし3月に行われた経済同友会向けの説明会に参加。競技暦6年と短いながらも2015-16シーズンのW杯では2度4位に入るなど、短期間でトップレベルの競技力を身につけたことに対して「強くなるために何が重要で、何が重要でないかということを考え、しっかりとした時間管理ができるようになりました。目標達成のためにやるべきことを優先順位付け、ビジョンを描き、時間管理し、前進することができます」とアピールしていました。

 これまでアスナビで5選手の採用実績がある城北信用金庫への入社が決まり、「採用していただいたこと、そして新たなチャンスをいただいたことに対し、心から感謝しております」と喜びを語った鈴木選手。「これまでも、新しいことにチャレンジしている人たちと、『頑張ろう』という気持ちを共有したいと思い、試合に励んできました。皆さんに私のチャレンジを見ていただきたいのはもちろん、どんどん周囲の人たちを巻き込んでいきたいと思っています」と決意を新たにしました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。





ページトップへ