HOMEニュース就職支援「アスナビ」:本間南選手(ボブスレー)が「株式会社ポピンズ」に採用決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:本間南選手(ボブスレー)が「株式会社ポピンズ」に採用決定

カテゴリ:就職支援
2016.04.22
就職支援「アスナビ」:本間南選手(ボブスレー)が「株式会社ポピンズ」に採用決定
本間南選手(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、ボブスレーの本間南選手が「株式会社ポピンズ」に採用されました(2016年4月1日付入社)。
 今回でアスナビを通じた採用は、75社/団体104名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 本間選手は2013年全日本選手権二人乗りで優勝、14年は全日本選手権同種目3位、15年も全日本選手権同種目2位、四人乗り優勝と、日本でトップの成績を残しています。アスナビ説明会では2015年7月、同年8月の2度プレゼンテーションを行い、ボブスレー女子は競技人口が少ないために世界トップ選手として活躍できるチャンスが大きいこと、平昌オリンピックで日本人初のメダル獲得を目指していることなどをアピールしてきました。

 今回、子育て支援や介護支援サービスを行っている株式会社ポピンズへの採用が決まったことを受けて、本間選手は「競技を続けることができる素晴らしい環境を与えてくださり、身が引き締まる思いと感謝の気持ちでいっぱいです。今後は子どもたちに体を動かすことの楽しさを伝えていき、子どもたちの目標となれるよう選手として、社会人としても魅力的な人間になっていきたいと思います。また、ボブスレーという競技をもっと多くの方々に知っていただけるように日々努力していきたいと思います」と、今後の抱負を語りました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。


前後のニュース




ページトップへ