HOMEニュースオリンピアンによる水泳教室を実施!「オリンピックデー・フェスタ in 大越」レポート

ニュース

オリンピアンによる水泳教室を実施!「オリンピックデー・フェスタ in 大越」レポート

カテゴリ:震災復興支援
2013.08.08
オリンピアンによる水泳教室を実施!「オリンピックデー・フェスタ in 大越」レポート
オリンピックデー・フェスタ in 大越(写真:アフロスポーツ)
オリンピアンによる水泳教室を実施!「オリンピックデー・フェスタ in 大越」レポート
自由形の泳ぎについて指導する柴田さん(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は4日、福島県田村市の大越つつじヶ丘運動公園プールで「オリンピックデー・フェスタ in 大越」を開催しました。

 オリンピックデー・フェスタは、東日本大震災復興支援JOC「がんばれ!ニッポン!」プロジェクトの一環として、「スポーツから生まれる、笑顔がある。」をスローガンに、多数のオリンピアンやアスリートがスポーツを通じて被災地の皆様とのふれあい活動を行うイベントです。

 今回のフェスタでは、水泳教室を開催。2004年アテネオリンピックで金メダルを獲得した柴田亜衣さん、2012年のロンドンオリンピックに出場した金田和也さん、堀畑裕也さん(いずれも水泳/競泳)という3人のオリンピアンが講師として参加し、地元の子どもたち80人と交流しました。


オリンピアンによる水泳教室を実施!「オリンピックデー・フェスタ in 大越」レポート
参加者とふれあいながら指導を行う金田さん(写真:アフロスポーツ)
オリンピアンによる水泳教室を実施!「オリンピックデー・フェスタ in 大越」レポート
プールの中で子どもたちの質問に応える堀畑さん(写真:アフロスポーツ)

 開会セレモニーでは、初めてのオリンピックデー・フェスタ参加となった金田さん、堀畑さんが緊張の面持ちであいさつ。参加者に向けて、この日の意気込みをそれぞれ語りました。

 続いてスタートした水泳教室では、参加者たちを2つのグループに分けて、自由形、バタフライ、個人メドレーのレッスンが行われました。3人のオリンピアンは交互にグループに分かれ指導を行い、特に小学4年以下のグループに対しては「水とふれあう楽しさ」を熱心に伝えていました。

 レッスン終了後に行われた閉会セレモニーでは、金田さんが恒例の「つながる火」を紹介。次回開催地の宮城県「多賀城」につなげることを約束し、フェスタを締めくくりました。


■ハイライト動画


「オリンピックデー・フェスタ in 大越」開催概要
■日時:2013年8月4日(日)12:30〜15:00

■会場:大越つつじヶ丘運動公園プール(福島県田村市大越町下大越字大荷場1-2)

■参加人数:80人

■参加オリンピアン
・柴田亜衣
・金田和也
・堀畑裕也(いずれも水泳/競泳)





ページトップへ