HOMEニュース「オリンピックデー・フェスタ in 是川」開催レポート

ニュース

「オリンピックデー・フェスタ in 是川」開催レポート

カテゴリ:震災復興支援
2012.12.21
「オリンピックデー・フェスタ in 是川」開催レポート
「オリンピックデー・フェスタ in 是川」(写真:アフロスポーツ)
「オリンピックデー・フェスタ in 是川」開催レポート
開会セレモニーで「つながる火」を持って入場する小原さんと米満さん(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は10月27日に「オリンピックデー・フェスタ in 是川」を青森県八戸市の八戸市立是川中学校で開催しました。

 オリンピックデー・フェスタは、東日本大震災復興支援JOC「がんばれ!ニッポン!」プロジェクトの一環として、「スポーツから生まれる、笑顔がある。」をスローガンに、多数のオリンピアンやアスリートがスポーツを通じて被災地の皆様とのふれあい活動を行うイベントです。

 2012年度12回目の開催となった今回のオリンピックデー・フェスタは、「第7回是川・縄文の里 健康マラソン大会」と合同でジョギング大会を開催しました。ロンドンオリンピックのレスリング女子フリースタイル48kg級金メダリストで八戸市出身の小原日登美さん、同競技男子フリースタイル66kg級金メダリストの米満達弘さん、水泳・競泳の宮下純一さん、バレーボールの齋藤信治さんと山内美加さんという5人のオリンピアンが参加しました。


「オリンピックデー・フェスタ in 是川」開催レポート
5kmを走った小原さん。最後は競り合いながらのゴールイン(写真:アフロスポーツ)
「オリンピックデー・フェスタ in 是川」開催レポート
3kmのジョギングに出場し、参加者とふれあった米満さん(写真:アフロスポーツ)

 さわやかな晴天のもと、開会セレモニーが午前9時にスタート。2人の金メダリスト、小原さん、米満さんの手によって「つながる火」が是川に点火されました。続いて、小原さんがあいさつを行い、地元の中学生2人によって、選手宣誓が行われました。

 準備運動を終え、2km、3km、5kmの3グループに分かれてジョギング開始。2kmには宮下さんと齋藤さん、3kmに米満さんと山内さん、5kmに小原さんが参加し、是川の山々を眺めながら、167名の参加者と一緒に走りました。

 ジョギング終了後にはオリンピアンによるサイン会が行われ、参加者とオリンピアンのふれあいの時間となりました。
 
 閉会セレモニーではまず、開催地から要望のあったテントとマットの目録が贈呈され、続いて「つながる火」を次回の開催地である茨城県「日立」へつなげるため、小原さんが採火。最後はオリンピアンが参加者にメッセージを贈り、「オリンピックデー・フェスタ in 是川」を締めくくりました。


「オリンピックデー・フェスタ in 是川」実施概要

■実施日:2012年10月28日(日)8:00受付開始/9:00開始〜11:30終了

■実施場所:八戸市立是川中学校

■実施内容:ジョギング大会

■参加者数:167名

■参加オリンピアン
・宮下純一(競泳)
・齋藤信治(バレーボール)
・山内美加(バレーボール)
・米満達弘(レスリング)
・小原日登美(レスリング)





ページトップへ