大会

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)

カヌー

概要・説明

スラロームレーシング(CSL)種目説明

 スプリントと同じく、カヤック(Kayak 略K)部門とカヌー(カナディアン)(canoe 略 C)部門に分かれる。カヤック(K)部門は、漕者が艇の進行方向に向かって長座の姿勢で座り、両端にブレード(水かき)のついたパドル(櫂)を左右交互に漕ぎながら艇を前に進める。カヌー(C)部門では、漕者が艇の進行方向に向かって正座のような姿勢をとり、片方にブレードのついたパドルで左右を漕ぎながら前に進む。

種目

男子カヤック1人乗り(K1)
男子カヌー(カナディアン)1人乗り(C1)
男子カヌー(カナディアン)2人乗り(C2)
女子カヤック1人乗り(WK1)

競技方法

 全長およそ250〜400mのコースに設けられた18〜25個のゲート(旗門)をゲート番号順に通過しながらゴールまでのタイムを競う。ゲートの設定は大会ごとに任命されたコースデザイナーが毎回デザインするため、同じ競技会場であっても大会が異なればコースの難易度や特徴も変わってくる。設定されるゲートの中には、下流から上流に向かって通過する「アップストリームゲート」が必ず6〜7個含まれる。それ以外のゲートは上流から下流に向かって通過する「ダウンストリームゲート」である。ゲートを通過できなかった場合は1ゲートにつき50点、ゲートに接触した場合は同様に2点のペナルティポイントが課せられ、ゴールタイムにそれぞれ50秒、2秒が加算される。決められた方向以外に通過した場合も“不通過”とされる。

 競技は、選手が一人ずつスタートするタイムトライアル方式である。まず予選で各選手2本ずつタイムトライアルを行い、どちらかの良い方(ポイントの少ない方)が成績となる。準決勝・決勝は1本のみの成績となる。準決勝上位10名のみが決勝へと進み、決勝の1本で最終順位が決まる。


  • ロンドンオリンピック2012
  • ニュース
  • 写真
  • 動画
  • 日程・結果
  • 日本代表選手団
  • メダル・入賞者一覧
  • 競技一覧
  • カヌー
  • 日本代表選手団
  • 概要・説明
  • 見どころ
  • 会場マップ
  • 実施競技・種目比較
  • 最終予選選考会日程
  • オフィシャルスポツウエア
  • 日本代表選手団公式服装
  • マスコット紹介






ページトップへ