イベント

HOMEイベントオリンピックデーランオリンピックデーランの日本における開催推移

オリンピックデーラン

オリンピックデーランは、全世界で行われているオリンピックイベントのひとつです。日本では、1987年からジョギング大会を中心に開催してきています。誰もが参加しやすい5km程度のジョギングで、オリンピック選手と一緒に走ることにより、スポーツの楽しさとオリンピックの基本精神を理解していただくことを目的としています。

オリンピックフェスティバル
東京でのオリンピックデーランは、「オリンピックフェスティバル」という名称で、毎年体育の日に駒沢オリンピック公園にて、約12,000名の参加を得て実施している総合的なスポーツの祭典です。通常のデーランを行うジョギングのみならず、小中学生、親子などを対象に、オリンピアンが講師となるバレーボール、卓球、野球、ホッケーなどのスクールやゲームなど20数種目のプログラムが実施され、秋の1日みんな楽しくスポーツに親しんでいます。

オリンピックスノーラン
スノーランは、「オリンピックデーラン」のクロスカントリースキー版といえる大会で、世界で初めて事業化された冬季イベントです。毎年3月に開催しています。

<オリンピックデーランの日本における開催推移>
1. 1987年 北海道・札幌で日本初の開催
2. 1988年 北海道・札幌
3. 1989年 北海道・札幌
4. 1990年 3会場
5. 1991年 7会場
6. 1992年 22会場(各都道府県体育協会の協力)
7. 1993年 23会場
8. 1994年 20会場
9. 1995年 20会場
10. 1996年 13会場
11. 1997年 15会場+スノーラン1会場
12. 1998年 12会場+スノーラン1会場
13. 1999年 11会場+スノーラン1会場
14. 2000年 11会場+スノーラン1会場
15. 2001年 8会場+スノーラン1会場
16. 2002年 11会場+スノーラン2会場
17. 2003年 12会場+スノーラン2会場
18. 2004年 8会場+スノーラン2会場 詳細
19. 2005年 9会場+スノーラン1会場 詳細
20. 2006年 10会場+スノーラン1会場 詳細

ページトップへ