イベント

オリンピックデーラン

Olympic Day Run 10月22日(日) 神戸大会
オリンピックデーラン、神戸初開催!
オリンピアンと声を掛け合いながら、きつい坂道も登りきった!
会場:王子スタジアム及び外周路・王子公園陸上競技場サブグラウンド
天候:晴れ
実施種目:1km、2kmジョギング、JOCチャレンジ体力テスト
参加者数:延べ1,683名

参加オリンピアン:
伊東浩司さん(陸上)、小野寺歩さん(カーリング)、林弓枝さん(カーリング)

オリンピックデーラン・アンバサダー:
オリンピアンメンバー 荻原健司さん、武田美保さん

会場の様子

兵庫県では初の開催となった神戸大会。晴天に恵まれた王子スタジアムには、オリンピックデーラン・アンバサダーの荻原健司さん、武田美保さん、そして3人のオリンピアンと多くの家族連れが集まりました。

開会式では、「オリンピアンの火」のトーチを手にした荻原さんたちが登場すると参加者から大きな拍手が起こります。続いて行われたトーチ皿への点火、次回の喜多方大会へ「オリンピアンの火」を引き継ぐトーチランプへの採火では、参加者は一転、静かにセレモニーを見守っていました。

ジョギングでは、コース途中に傾斜のきつい坂道がありましたが、ここでもオリンピアンと参加者が互いに声を掛け合い、ふれあいながら難所を乗り切っていました。JOCチャレンジ体力テストにも朝から長蛇の列ができ、身体を動かし、楽しむことの重要性を認識できた有意義な大会となりました。



過去のオリンピックデーラン


ページトップへ