スポーツと環境

わたしたちにできること(冬季競技編)

生息環境の保護

多くの冬季競技は、とても脆弱で、それゆえに環境問題が深刻となっている高山の生態系で実施されています。特に、春季におけるトレールの侵食が、生息環境の破壊および近隣の小川、水域の汚染を引き起こすために、深刻な環境問題となっています。

イメージ

特に、春季における踏みならされてできる跡の侵食が、生息環境の破壊、近隣の川および水域の汚染を引き起こすので、深刻な環境問題となっています。豊富な雪で覆われている時、スポーツを実施しても土壌および植物への影響は、あまり深刻ではありませんが、あまり降雪がなく、土壌がぬかっている初冬時および冬も終わろうとする時季には、動物の生息環境に支障をきたし、植物に壊滅的な打撃を与える多くのダメージを与えています。バイアスロンの練習およびバイアスロン種目実施による弾丸、ケーシングは、敷地の汚染や重金属による水質汚染を避けるためにも、注意深く、回収され、除去されるべきです。立ち入り禁止区域への立ち入りも、保護される必要がある動植物が、よく生息しているので、環境に損傷を与える可能性があります。

あなたができること!

あなたが以下のことをすることで、生息環境を保護する支援ができます:
■ 指定された経路を歩み続けること
■ 降雪が少ない時は、スキーをしないこと
■ 弾丸やケーシングを収集すること
■ 自分が存在した場所の形跡をひとつも残さないこと


ページトップへ