スポーツと環境

わたしたちにできること(冬季競技編)

屋外大気環境

イメージ

大気汚染は、選手に重大な問題になる恐れがあります。長期にわたる低レベルの公害に汚染されることは、時間が立てば、練習や競技力に影響を与えます。
大都市では、恒常的に見られるスモッグは、エネルギー、暖房、輸送用に必要な石油、ガス、石油の類の化石燃料を燃焼させたことが原因で起こります。
大気汚染は、車両の排気量を削減し、使用暖房のエネルギー量を削減することで、削減することができるでしょう。

トレール保守、スキー場での警備車両およびマスコミ関係車両も、大気汚染を引き起こすかもしれません。スノーバイクは、しばしば2段変則エンジンを搭載しており、燃料の効率が悪いので、さらに公害の元になっています。
集中トレーニングあるいは長距離レースの間、上記の排気には、特に気を付けなければいけません。

2000年シドニー:シドニーで開催された2000年オリンピック、パラリンピック競技大会期間、使用された資材の75%は、再生可能できました。 オリンピック会場のホームブッシュ湾では、非飲料水用水の50%は、水のリサイクル回収システムを利用して、供給できます。

あなたができること!

以下を守ることにより、空気を綺麗にする手助けができます。
■ できる時は、公共輸送機関を使うか、自転車等自力の輸送手段を利用すること。
■ 練習や試合に出掛ける際には、チームの仲間と相乗りすること。
■ 家庭や仕事場で消費するエネルギーや暖房量を削減すること。
■ トレイル用車両について、トレール管理者、リゾートマネージャーや大会組織者と話合うこと。
■ 自家用車に、排ガスの綺麗な燃料を使用すること。
■ 1分以上、自家用車、チームバスをアイドリングさせておかないこと。
■ 可能な限り、太陽熱、風力等の再生可能エネルギーを利用すること。


ページトップへ