スポーツと環境

JOC環境スローガン

HOMEスポーツと環境『IOC Guide to Sport, Environment and Sustainable Development』日本語版

『IOC Guide to Sport, Environment and Sustainable Development』日本語版

  • 表紙
ダウンロード 表紙
  • 謝辞 T.A.Ganda Sithole(IOC国際協力開発局局長)
  • 前書き Jacques Rogge(国際オリンピック委員会会長)
  • はじめに Pal Schmitt(IOCスポーツ環境委員会委員長)
ダウンロード 謝辞〜はじめに
  • 第1章 環境保全と持続可能な開発
    • 1.1 生態系と景観
    • 1.2 水
    • 1.3 土壌
    • 1.4 空気
    • 1.5 生物多様性
    • 1.6 エネルギー
    • 1.7 汚染物質や廃棄物
    • 1.8 環境保全と持続可能な開発の政治的側面
    • 1.9 環境保全と持続可能な開発の社会的側面
    • 1.10 環境保全と持続可能な開発の経済的側面
    • 1.11 ミレニアム開発目標
ダウンロード 第1章
  • 第2章 環境と持続可能な開発に配慮したスポーツに関する一般条件
    • 2.1 スポーツを通じた活動
    • 2.2 活動の場
    • 2.3 心構え
    • 2.4 基本原則
ダウンロード 第2章
  • 第3章 スポーツ開催時の環境と持続可能な開発
    • 3.1 スポーツ統括団体
    • 3.2 スポーツ団体
    • 3.3 選手の個人的行動
    • 3.4 スポーツイベント
    • 3.5 建物や他の建造物
    • 3.6 用具メーカー
    • 3.7 メディア
    • 3.8 発展途上国に合った基準
    • 3.9 現地の状況に応じた優先事項
ダウンロード 第3章
  • 第4章 オリンピック競技別の、環境と持続可能な開発のための条件
    • 4.1 スポーツと環境条件
    • 4.2 自然環境下における陸上での競技
      • 4.2.1 自転車競技
      • 4.2.2 馬術
ダウンロード 第4章 4.1〜4.2
  • 4.3 自然環境下における水上での競技
    • 4.3.1 概要
    • 4.3.2 セーリング
    • 4.3.3 ボート
    • 4.3.4 カヌー
  • 4.4 水上での競技
    • 4.4.1 水泳
    • 4.4.2 オープンウォータースイミング
  • 4.5 屋外競技
    • 4.5.1 概要
    • 4.5.2 陸上競技
    • 4.5.3 テニス
    • 4.5.4 アーチェリー
    • 4.5.5 射撃
    • 4.5.6 サッカー
    • 4.5.7 野球
    • 4.5.8 ホッケー
    • 4.5.9 近代五種競技
    • 4.5.10 トライアスロン
ダウンロード 第4章 4.3〜4.5
  • 4.6 室内競技
    • 4.6.1 概要
    • 4.6.2 体操
    • 4.6.3 レスリング
    • 4.6.4 柔道
    • 4.6.5 テコンドー
    • 4.6.6 ボクシング
    • 4.6.7 ウエイトリフティング
    • 4.6.8 卓球
    • 4.6.9 バドミントン
    • 4.6.10 フェンシング
    • 4.6.11 バスケットボール
    • 4.6.12 バレーボール
    • 4.6.13 ハンドボール
    • 4.6.14 ソフトボール
ダウンロード 第4章 4.6
  • 4.7 冬季オリンピック競技
    • 4.7.1 概要
    • 4.7.2 雪上競技:スキー
    • 4.7.3 雪上競技:バイアスロン
    • 4.7.4 氷上競技:スケート
    • 4.7.5 アイスホッケー
    • 4.7.6 カーリング
    • 4.7.7 ソリ競技:ボブスレーとスケルトン
    • 4.7.8 ソリ競技:リュージュ
ダウンロード 第4章 4.7
  • 第5章 「地球規模で考え、足もとから行動する」
ダウンロード 第5章
  • 写真クレジット
  • 参考文献と参考ウェブサイト
ダウンロード 写真クレジット
参考文献と参考ウェブサイト

※IOC Guide to Sport, Environment and Sustainable Developmentは英文が原本となります。本ガイドの英文と和文に差異がある場合には、英文が優先されます。


ページトップへ