スポーツと環境

JOC環境スローガン

HOMEスポーツと環境JOCスポーツ環境アンバサダー

JOCスポーツ環境アンバサダー

 よい地球環境がなくてはスポーツは楽しめません。いつまでもスポーツを楽しめる地球環境であるためにJOCでは「スポーツ環境専門部会」を設置し、オリンピック選手やチームを通じて環境保全のメッセージを伝えたり、また、競技会場にポスターや横断幕を掲示するなど、環境のための啓発活動を進めています。
 この活動の旗手としてスポーツ界の環境保全を啓発・実践するのが「JOCスポーツ環境アンバサダー」です。

松岡 修造

松岡 修造さん(テニス)

1967年東京都生まれ。 ソウル大会、バルセロナ大会、アトランタ大会出場
「現役時代、試合中に急に息苦しくなって試合を棄権したことがあります。原因は光化学スモッグ。これも地球温暖化の影響だと聞き、スポーツはしっかりとした自然環境が整っていてこそできるものだと、その時以来実感しています。
地球温暖化がこのまま進めば、冬季オリンピックを開催できなくなるのも時間の問題だとのこと。だからこそ、自然の大切さをより多くの人たちに伝えていくことが、僕らの使命だと思っています。」

荻原 健司

荻原 健司さん(スキー・ノルディック複合)

1969年群馬県生まれ。 アルベールビル大会、 リレハンメル大会団体金メダル。 長野大会、ソルトレークシティー大会出場
「苦しいとき大きく息をする、のどがカラカラなとき水をいっぱい飲む。そして、もっとガンバル。そんな普通なことをみんなで守りたい。」

荻原 次晴

荻原 次晴さん(スキー・ノルディック複合)

1969年群馬県生まれ。 長野大会出場
「スポーツで大切なこと、ルールを守ること。地球を守ることも大切なルール。スポーツが好きな人はこの星が好きな人。」

大林 素子

大林 素子さん(バレーボール)

1967年東京都生まれ。 ソウル大会、バルセロナ大会、アトランタ大会出場
「美しい地球を守る為に、今立ち上がれば、間に合います! 皆さんの力を合わせて、美しい地球を守りましょう! スポーツをする為に!!」

宮下 純一

宮下 純一さん(水泳・競泳)

1983年鹿児島県生まれ。 北京大会4×100mメドレーリレー銅メダル
「飲む水がなければ泳ぐための水なんてない! スポーツが思い切りできる環境をみんなでつくろう!」

伊藤 華英

伊藤 華英さん(水泳・競泳)

1985年埼玉県生まれ。北京大会、ロンドン大会出場
「スポーツは平和の象徴です! 私たちの星、地球に何ができるのか、何が大切かスポーツを通して考え、実行しよう!」


ページトップへ