コラム/インタビュー

HOMEコラム/インタビュー会長インタビュー竹田会長×室伏理事対談

会長インタビュー

スポーツディレクターの大先輩からアドバイス

地元開催のオリンピックでスポーツディレクターを務めた“大先輩”の竹田会長からエールを送られ、笑顔を見せる室伏理事(写真:アフロスポーツ)
――東京オリンピック・パラリンピックの招致が決まってから、今日でちょうど2年となりました。室伏理事は現在、東京2020大会組織委員会でスポーツディレクターとして尽力されていますが、現在の状況はいかがですか?

室伏 竹田会長は長野オリンピックでスポーツディレクターを務められ、随分と苦労されたそうですね。オリンピックが地元で開催される喜びはあるのですが、その反面すごく大変なところも多く、「これは簡単なことではない」と認識しています。重要なのは、各国際競技団体(IF)と密に連絡を取り、相談をしてやっていくことですね。
 また「アスリートファースト」の観点で、もし自分がこの競技をするのであればどのようなところが困るのか、どうしてもらいたいか。自分の立場をその競技に出場する選手に置き換えて、多くのアスリートの声を反映しながら「東京で競技をしてよかった」「最高のパフォーマンスができた」と言ってもらえるようにしたいと思います。

竹田 長野でスポーツディレクターを務めた立場から言うと、IOCとIFのリレーションをきちっと守って、色んな問題が出てくるたびに調整していくことが非常に重要です。競技場の設置、運営ということになると、むしろIFとNFが専門的な視点でアスリートのために最高の舞台を作らなきゃいけない。ですから、それをきちっと把握して、両方の意見を聞きながら進めていくことが大事です。
 プログラム作りでは、どの競技を何日の何時から何時までにするか、いろいろバッティングしないように考えなければいけませんし、その他様々な意見や要望が多方面から出てくると思います。全ての要望を満たすことは不可能ですが、それを調整することが非常に重要です。大変ですが、今後のいい経験になると思いますので頑張ってください。

室伏 ありがとうございます。一番のアドバイスをいただきました(笑)。

竹田 あっという間に2年が経ったという感じですが、この2年でさらに皆さんが東京2020大会に興味や期待を持っていただいていると思います。
 特に大会のターゲットエイジの選手たちはものすごくモチベーションが上がってきていますね。1964年の東京オリンピック開催当時私は高校2年生でしたが、やはり自分自身もすごくモチベーションが上がりましたし、各スポーツのその年代で上を狙う選手は皆同じだったと思います。ここのところ、今までにないほど選手たちの成績も伸びていますし、2020年に是非ともつなげていってほしいと期待をしています。

室伏 私も1984年のロサンゼルスオリンピックを見に行って、「ああ、出たいな」と思いましたし、それがかなったときはなんだか不思議な感じがしました。やはりオリンピックはそれだけの影響を与える何かを持っているんじゃないかなと思います。

関連情報


ページトップへ