コラム/インタビュー

HOMEコラム/インタビューアスリートインタビューアスリートに質問!ボート 武田大作選手、浦和重選手からの回答

アスリートに質問!

ボート 武田大作選手、浦和重選手からの回答

こんにちは。大阪大学漕艇部に所属しております滝順次といいます。両選手のご活躍ぶりは普段より拝聴しています。
質問ですが、乗艇中に一番神経を使うこと(集中する、あるいは気をつけている点等)は何でしょうか。お聞かせください。よろしくお願いします。


プロフィール

浦和重選手からの回答

乗艇中に一番気を使っていることは、簡単に言えば、艇を停めない、速く進めることです。
レースで要求されることは、どれだけ速くゴールするかということです。なので艇を一番速く運べるように集中しています。
他にも細かい事では、艇が揺れないようにする事、真っすぐ引いてくる(力の方向)、艇と体がズレて動いていないか、ファイナルで腰が落ちて艇とのコンタクトが離れていないか、など考えてはいますが、それは運べる事が大前提であってのことです。細かいことがメインにならないようにしています。


プロフィール

武田大作選手からの回答

乗艇中に一番気をつけることは、艇の動きを感じることに集中することです。
どうすれば感じることができるかというと、 日々の練習から「感じようとする」意識をすればわかってきます。
また、人それぞれ好みがあるのと同様に、自分の感覚を磨いていけば 自分にあった楽しい艇の動きもわかってきます。

 

< 浦和重選手、武田大作選手のインタビュー「アスリートメッセージ」はこちら >



ページトップへ