/ オリンピック / 北京2008 / 競技別情報 / バレーボール
 

バレーボール

バレーボール

種目数

男子 1種目/女子 1種目/合計 2種目

出場選手数枠

男子 144名(12チーム)/女子 144名(12チーム)/合計 288名

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)クオリフィケーション

1. 1NOCあたりの上限

  • 男子:1チーム 12名まで
  • 女子:1チーム 12名まで

2. 予選方法の原則

  • 2007年大陸選手権/ワールドカップ
  • 2007年大陸選手権に出場したチームのみが2007年ワールドカップに出場できる。
    2007年ワールドカップの男女・上位3チームが出場権を獲得。
  •  
  • オリンピック大陸予選
  • 各オリンピック大陸予選の優勝チームが出場権を獲得(5大陸・5チーム)
  •  
  • 2008年北京オリンピック世界最終予選
  • 下記「第29回オリンピック競技大会(2008/北京)予選大会」の4.を参照。
  •  
  • 開催国
  • 開催国は1チーム分の出場権を有する。
  •  

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)予選大会

男子 12カ国・12チーム

  • 開催国:1チーム(中国)
  • FIVBワールドカップ2007:3チーム(ブラジル・1位/ロシア・2位/ブルガリア・3位)
    2007年11月18日〜12月2日日 日本開催。参加12チームが1回戦総当りリーグ戦を行い、上位3チームが出場権獲得。
  • 大陸予選:5チーム
    北中米大陸予選 (1月4日〜12日/プエルトリコ)
    南米大陸予選 (1月2日〜8日/フォルモサ・アルゼンチン)
    アフリカ大陸予選 (2月1日〜10日/ヨハネスバーグ・南アフリカ)
    ヨーロッパ大陸予選 (1月7日〜13日/イズミル・トルコ)
    アジア予選 (アジア予選の開催と出場権獲得は下記4.を参照)
    各1チーム
    上記各大陸予選会の第1位チームが出場権獲得。
  • 世界最終予選:3チーム
    日本(東京・2008年5月31日〜6月8日・東京体育館)、ドイツ(デュッセルドルフ・5月23日〜25日)、ポルトガル(エスピーノ・5月30日〜6月1日)の3カ国で開催。1.2.3.で出場権を獲得していないチーム(★ヨーロッパ大陸3チーム、北中米大陸2チーム、南米大陸1チーム、アフリカ大陸1チーム、アジア大陸2チーム。世界ランキング上位国からエントリーされ、2008年2月に行われる抽選会によりグループ分けが決定)が、開催国を含め各4チームずつ参加。それぞれの1回戦総当りリーグ戦で第1位チームが出場権獲得。
    ※ただし日本開催のFIVB世界最終予選は3.のアジア予選を兼ね、開催国(日本)、アジア圏から4チーム(オーストラリア・韓国・イラン・タイ)、アジア圏以外の大陸から3チーム(★参照)の計8チームが参加。1回戦総当りリーグ戦を行い、第1位チームがFIVB世界最終予選代表として出場権獲得。第1位チームを除き、アジア圏より参加したチームのうち、第1位チームがアジア代表として出場権獲得。

女子 12カ国・12チーム

  • 開催国:1チーム(中国)
  • FIVBワールドカップ2007:3チーム(イタリア・1位/ブラジル・2位/アメリカ・3位)
    2007年11月2日〜16日 日本開催。参加12チームが1回戦総当りリーグ戦を行い、上位3チームが出場権獲得。
  • 大陸予選:5チーム
    北中米大陸予選 (12月15日〜23日/モンテレー・メキシコ)
    南米大陸予選 (1月3日〜7日/リマ・ペルー)
    アフリカ大陸予選 (1月20日〜30日/アルジェ・アルジェリア)
    ヨーロッパ大陸予選 (1月15日〜20日/ハレ・ドイツ)
    アジア予選 (アジア予選の開催と出場権獲得は下記4.を参照)
    各1チーム
    上記各大陸予選会の最上位チームが出場権獲得。
  • 世界最終予選:3チーム
    ※女子のFIVB世界最終予選は3.のアジア大陸予選を兼ね、日本(東京・2008年5月17日〜25日・東京体育館)で単独開催。1.2.3.で出場権を獲得していないチームのうち、開催国(日本)、アジア圏から3チーム(タイ・韓国・カザフスタン)、ヨーロッパ大陸から2チーム、北中米大陸から1チーム、南米大陸またはアフリカ大陸から1チーム、の計8チーム(世界ランキング上位国からエントリーされる)が参加。1回戦総当りリーグ戦を行い、
    • 最上位チームがFIVB最終予選代表として出場権獲得
    • 上記A.を除くアジア圏のチームのうち第1位チームがアジア代表として出場権獲得
    • 上記A.B.の2チームを除く他の上位2チームがFIVB最終予選代表として出場権獲得

国内選考大会

V・プレミアリーグ(2007年12月〜2008年3月開催)などの状況を考慮し強化事業本部内で協議のうえ、候補選手を決定。

日本代表選手の選考時期および機関

選考時期:
2007年12月〜2008年4月
機関:
(財)日本バレーボール協会事業本部からの推薦により理事会で決定。

種目一覧

男子
女子

北京2008 競技別情報 一覧へもどる北京2008へもどる