/ オリンピック / 北京2008 / 競技別情報 / トライアスロン
 

トライアスロン

トライアスロン

種目数

男子 1種目/女子 1種目/合計 2種目

出場選手数枠

男子 55名/女子 55名/合計 110名

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)クオリフィケーション

1. 1NOCあたりの上限

  • 8NOCは3名まで、そのほかのNOCは2名までエントリー可能。
    (3名までエントリーできるNOCは、大陸別予選、世界選手権、ITU(国際トライアスロン連盟)オリンピック予選ランキングの順で3選手が参加資格を持つNOCの、上位8位。)

2. 出場権の配分

  • 出場権はNOCに対して与えられる。
  • 各NOCは、参加資格のある選手から出場選手を選抜することが出来る。

3. 予選方法の原則

  • 大陸別オリンピック予選競技大会
  • 5つの大陸別オリンピック予選競技大会の優勝者が、NOCを代表して1名分の出場権を獲得。
  •  
  • 2008年トライアスロン世界選手権
  • 上位3名(上記の選手を除く)がNOCを代表して出場権を獲得。
  •  
  • ITUオリンピック予選ランキング
  • 2008年トライアスロン世界選手権の開催日におけるITU(国際トライアスロン連盟)オリンピック予選ランキングにより、最上位の選手から順番に39名の出場権を配分。
  •  
  • ITU大陸別ランキング
  • 上記出場権を獲得した47名を除き、ITU大陸別ランキングで最上位のNOCに5名の出場権を配分。
  •  
  • 開催国
  • 他の方法により出場権を獲得できなくても、男女各1名の出場権を有する。
  •  
  • 三者委員会招待枠
  • 三者委員会が男女各2名の出場権を配分。
  •  

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)予選大会

<出場枠:男女3名迄>

  • 2008年ASTCアジア選手権広州大会1位(ITU基準)
  • 2008年ITU世界選手権バンクーバー大会1〜3位(ITU基準)
  • 2007年ITU世界選手権ハンブルグ大会1〜3位
  • 2008年ITU世界選手権バンクーバー大会4〜8位(上位1名)
  • 北京オリンピックランキング(最終)1〜8位(上位1名)
  • 強化本部推薦
    • <選考対象大会・ランキング(順不同)>
    • ◇2007年ITUワールドカップ北京大会
    • ◇2008年ITUワールドカップ石垣島大会
    • ◇2008年ITU世界選手権バンクーバー大会9位以降
    • ◇北京オリンピックランキング(最終)9位以降

国内選考大会

2008年ITUワールドカップ石垣島大会が国内選考対象大会
選考方法は上記に記載。

日本代表選手の選考時期および機関

2008 ITUトライアスロン世界選手権バンクーバー大会(6月6−8日)大会終了後に強化本部が選考案を理事会に提出。6月13日(金)までに開催される(社)日本トライアスロン連合・理事会が決定機関となる。

種目一覧

男子
女子

北京2008 競技別情報 一覧へもどる北京2008へもどる