テニス

テニス

種目数

男子 2種目/女子 2種目/合計 4種目

出場選手数枠

男子 86名/女子 86名/合計 172名

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)クオリフィケーション

1. 1NOCあたりの上限

  • 1NOCあたりの出場選手数の上限は男子6名、女子6名まで。
    このうち、シングルスには男子4名、女子4名まで、ダブルスには、2組まで出場できる。
    (ダブルスのみの出場は2名まで)

2. 出場権の配分

  • 出場権は出場資格を獲得した選手をエントリーする権利を持つNOCに与えられる。
    出場資格はITF基準、及び2008年6月9日付の世界公認ランキングに基づき選手に与えられる。

3. 予選方法の原則

  • シングルス
  • 世界ランキング
  • 2008年6月9日の世界ランキングに基づく。その時点で上位48名の選手が自動的にシングルスの出場権を獲得する。
    シングルスの出場権を獲得した選手は、自動的にダブルスにもエントリーできる。
    出場する選手がランキングポイントを利用できない場合、予選方法が変更になる場合がある
  • 三者委員会招待枠
  • 三者委員会が男女各シングルス種目について、2名分の招待枠を持つ。
  • 最終出場権
  • ITFが世界ランキング、及び大陸・NOCの出場状況をふまえ配分。男女各シングルス種目について、各14名分。
  • ダブルス
  • 世界ランキング
  • 2008年6月9日付の世界ランキングにもとづき、10名の選手が自動的にダブルスの出場権を獲得。
  • 最終出場権
  • ITFが世界ランキング、及び大陸・NOCの出場状況をふまえ配分。ダブルス出場選手枠の86名に達するまで。

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)予選大会

世界ランキングにより選考

国内選考大会

世界ランキングによる選考のためありません。

日本代表選手の選考時期および機関

世界ランキングにより選考を行うが、推薦する選手は強化本部(ナショナルチーム)で検討の上、常務理事会で決定。

種目一覧

男子:
シングルス、ダブルス
女子:
シングルス、ダブルス

北京2008 競技別情報 一覧へもどる北京2008へもどる