近代五種

近代五種

種目数

男子 1種目/女子 1種目/合計 2種目

出場選手数枠

男子 36名/女子 36名/合計 72名

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)クオリフィケーション

1. 1NOCあたりの上限

  • 各NOCにつき、男子2名、女子2名まで。

2. 出場権の配分

  • 出場権は、出場資格のある選手に対して与えられる。
  • 出場資格を持つ選手が3名以上所属するNOCは、エントリーする2名を選考する権限を有する。

3. 予選方法の原則

  • 2007年世界選手権
  • 男女各上位3名が出場権を獲得。
  •  
  • 2007年ワールドカップ決勝戦
  • 男女優勝者が出場権を獲得。
  •  
  • 大陸選手権
  • 2007年1月1日から8月15日までの間に開催される大陸選手権において、19名の男女各選手に出場権が与えられる。  
    アフリカ1名
    アジア5名
    オセアニア1名
    アメリカ大陸4名
    ヨーロッパ8名
  •  
  • 2008年世界選手権
  • 男女各上位3名が出場権を獲得。
  •  
  • 世界ランキングリスト
  • 2008年6月1日付の世界ランキングリストで、出場権を獲得していない上位7名の男女各選手に出場権が与えられる。
  •  
  • 三者委員会招待枠
  • 男女各2名分の三者委員会招待枠を配分。
  •  
  • 開催国
  • 開催国は男女各1名分の出場権を獲得。

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)予選大会

上記、「3. 予選方法の原則」に同じ。

国内選考大会

平成18年度、埼玉選手権大会、及び、近代五種全日本選手権大会の結果により、「ナショナルチーム員」を決定し、5月に日本で開催された「2007年近代五種アジア選手権大会」の出場選手とした。

日本代表選手の選考時期および機関

「2007年近代五種アジア選手権大会」の前、3月の理事会で、「アジア選手権で5位以内の入賞者は、自動的に北京オリンピック派遣選手として内定する」事を決定している。

種目一覧

男子
女子

北京2008 競技別情報 一覧へもどる北京2008へもどる