/ オリンピック / 北京2008 / 競技別情報 / 体操競技・体操
 

体操競技・体操

体操競技・体操

競技種目数

男子 8競技種目/女子 6競技種目/合計 14競技種目

出場選手数枠

男子 98名/女子 98名/合計 196名

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)クオリフィケーション

1. 1NOCあたりの上限

  • 各NOCにつき12名(男子6名、女子6名)まで。

2. 出場権の配分

  • 出場権はNOCに配分される。
    ただし、最終出場枠と三者委員会招待枠に限り選手に配分される。

3. 予選方法の原則

  • 2007年世界選手権
  • 団体出場権
  • 上位12チームが出場権を獲得。(12チーム×6名=72名)
  •  
  • 個人出場権
  • *13位〜15位のチームが所属するNOCの選手、各2名が個人競技種目の出場権を獲得。
  • *16位〜18位のチームが所属するNOCの選手、各1名が個人競技種目に出場権を獲得。
  • *上記では出場できない19位以下のNOCの選手1名に、7(MAG)、9(WAG)の出場権を配分。(1NOCに つき1名まで)
  • *選手枠1〜88までの基準で出場権を獲得していないことを条件に、2007年世界選手権の競技III(種目別決 勝)で金メダルを獲得した選手に6(MAG)、4(WAG)の出場権を配分。
  •  
  • 最終出場枠/開催国枠
  • 開催国から男女各1名、及び全ての大陸から最低1名の選手を出場させるため、FIG(国際体操連盟)が3名分の出場権を配分。
  •  
  • 三者委員会招待枠
  • 三者委員会が1名分の出場権を配分。

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)予選大会

2007 第40回世界体操競技選手権大会
(ドイツ・シュツットガルト 平成19年9月1〜9日)

国内選考大会

<第1次予選>
第61回全日本体操競技選手権大会 個人総合予選
 (平成19年10月26日 代々木第一体育館)
<第2次予選>
第29回オリンピック競技大会体操競技第2次選考会
(平成20年4月12日〜4月13日 代々木第一体育館(予定))
<最終予選>
第47回NHK杯兼第29回オリンピック競技大会体操競技日本代表決定競技会
(平成20年5月5日〜5月6日 岡山・桃太郎アリーナ)

日本代表選手の選考時期および機関

  • 最終選考会終了後、その場で選考委員会を開催して選手を選考する。

競技種目一覧

男子:
団体、個人総合、種目別ゆか、種目別跳馬、種目別つり輪、種目別あん馬、種目別平行棒、種目別鉄棒
女子:
団体、個人総合、種目別ゆか、種目別跳馬、種目別段違い平行棒、種目別平均台

北京2008 競技別情報 一覧へもどる北京2008へもどる