第29回オリンピック競技大会(2008/北京)

テコンドーの解説

日本代表選手団

(1)競技場について

競技は10メートル四方のウレタン製のマット上で行う。(WTF公認マット)

(2)装備について

選手は、胴プロテクター及び頭部にヘッドギアを装着する。また腕あて、脛あて、ファールカップ、ハンドグローブ、マウスピースの装着が義務付けられている。

(3)階級

競技は男女とも体重別に分けられている。通常は8階級で実施されるが、オリンピック及び一部の総合大会に限り下記4階級で実施される。

なお、計量は各階級実施日の前日に行われる。

・男子
58s以下級
58.01s〜68.00s以下級
68.01s〜80.00s以下級
80.01s超級

・女子
49s以下級
49.01s〜57.00s以下級
57.01s〜67.00s以下級
67.01s超級

(4)競技時間について

競技時間は2分間の3ラウンドとし、各ラウンドの間に1分間の休憩を入れる。第3ラウンド終了時点で同点だった場合には、1分間の休憩後。第4ラウンドをエキストララウンドとしてサドンデス方式で行う。第4ラウンド終了後に同点の場合は、勝者は審判員全員の優勢の判定によって決められる。最終的な判定は第4ラウンド間に示したイニシアチブに基づいて下す。

(5)勝敗について

3ラウンドの間に、有効な攻撃で得られた合計得点数により勝敗を決める。3ラウンドを終了して同点だった場合は第4ラウンドをサドンデス方式で行うが、第4ランドでも両者無得点の場合は判定で勝敗を決する。主な勝敗は以下の通り。

1. ノックアウトによる勝利
2. レフェリーストップによる勝利(RSC)
3. 得点または優性による勝利
  ・最終得点数による勝利
  ・得点差による勝利
   7点差となった時点で試合は終了し勝利が宣告される。
  ・最高限度得点による勝利
   12得点した時点で試合は終了し勝利を宣告される。
4. 相手選手の棄権による勝利
5. 相手選手の失格による勝利
6. 相手選手の累積減点(−4点)での失格による勝利

(6)攻撃について

有効な攻撃は下記の通り。

1. 拳による胴部分への攻撃。拳による顔面への攻撃は禁じられている。
2. 足(踝より下部分)による腰より上への攻撃。背中、下半身への攻撃は禁じられている。

(7)得点について

1. 胴部分へ拳又は足による攻撃が有効に決まった場合1点。
2. 顔面へ足による有効な攻撃が決まった場合2点。
3. 有効な攻撃により相手選手をノックダウンさせた場合、さらに1点が加点される。

(8)反則について

反則行為の種類により警告と減点に分けられる。

1. 警告:−0.5点 下記の反則は警告となる。警告は2回受けると−1点となる。総合得点を計算する際には、小数点以下は数えられない。
  ・境界線(10m)を超えること。
  ・相手選手に背を向けて攻撃を回避すること。
  ・倒れること
  ・消極的な行為
  ・相手選手を掴む、抱える、または押すこと。
  ・腰より下への攻撃
  ・負傷を偽る行為
  ・膝による攻撃
  ・手による顔面への攻撃
  ・競技者またはコーチによる暴言又は非紳士的行為

2. 減点:−1点 下記の反則は1点減点となる。
  ・主審の「離れて(カルリョ)」の合図の後の攻撃。
  ・倒れた相手選手への攻撃。
  ・相手選手の足を掴み、手で押す行為。
  ・故意による手での相手選手の顔への攻撃。
  ・選手またはコーチが競技の進行を妨げること。
  ・選手またはコーチによる過度の暴言または非紳士的行為。
なお、減点は得点数に関わらず−4点で失格負けとなる。

(9)競技中の主審の言語について

下記の通り、競技中に審判から発せられる言葉は全て韓国語(一部英語)で統一されている。

気をつけ - チャリォ、礼 - キョンネ、準備 - チュンビ、始め - シジャク、止め - クマン、離れて - カリョ、続けて - ケイソク、青 - チョン、赤 - ホン、勝ち - スン、警告 - キョンゴ、減点 - カムチョン、計時 - ケイシ、時間 - シガン