第29回オリンピック競技大会(2008/北京)

野球の解説

日本代表選手団

(1)出場チーム

・中国 (開催国)
・アメリカ (アメリカ地区予選1位)
・キューバ (アメリカ地区予選2位)
・オランダ (ヨーロッパ地区予選1位)
・日本 (アジア地区予選1位)
・カナダ (世界最終予選1位)
・韓国 (世界最終予選2位)
・チャイニーズ・タイペイ (世界最終予選3位)

8カ国・地域

(2)試合形式

・9イニング制で実施
・予選ラウンドは8チーム総当りで実施
・予選ラウンド上位4チームが決勝トーナメントに進出
・準決勝の対戦は、予選ラウンド1位対4位、2位対3位で実施
・決勝(ゴールドメダルマッチ)は準決勝の勝者同士、3位決定戦(ブロンズメダルマッチ)は準決勝の敗者同士で実施

(3)試合規則−1

・木製バット使用
・ミズノ150ボール使用
・指名打者制を採用
・延長戦は無制限
・コールドゲームを採用(7イニング以降10点差以上)

(4)試合規則−2

予選ラウンドルールとして、2チーム以上が同率になった場合は以下に該当するチームが上位となる。
・当該チーム間の直接対決で勝ったチーム
・当該チーム間の試合で総失点/守備イニング数の値が低いチーム
・当該チーム間の試合で総自責点/守備イニング数の値が低いチーム
・当該チーム間の試合で打率が高いチーム
・当該チーム間の試合で出塁率が高いチーム
・当該チーム間の試合で長打率が高いチーム