第29回オリンピック競技大会(2008/北京)

近代五種

日本代表選手団

解説

近代五種競技は、1人の選手が、射撃(エアーピストル20発)・フェンシング(エペ・総当たり1分間1本勝負)・水泳(200m自由形)・馬術(障害飛越)・ランニング(3,000m)の全く異なる運動要素を持つ5種目を1日で行い、その成績を全て得点換算して、その総合得点で順位を争うという、非常に過酷な複合スポーツである。・・・> 続きを読む

みどころ

(1)今大会の目標 8位内入賞を目標とする。
(2)日本選手の特徴 射撃・フェンシング・水泳を得意とする村上佳宏は、典型的な逃げ切り型の選手である。オリンピック出場を決めた2007年のアジア選手権でも、・・・・> 続きを読む

スケジュール

8月 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

日本代表選手団

役職 氏名 年齢 勤務先・所属先名
監督 荒木大三 52 自衛隊体育学校
コーチ 石川和也 36 自衛隊体育学校
選手 村上佳宏 31 自衛隊体育学校

関連情報

- 競技の歴史
- 日本での競技の歴史
- 日本選手団全記録検索

- (社)日本近代五種・バイアスロン連合
- 国際近代五種競技連合

ATHENS 2004
- スケジュール

SYDNEY 2000

ATLANTA 1996
- 結果・記録