/ オリンピック / 北京2008 / 競技情報 / バドミントン
 

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)

バドミントン

日本代表選手団

解説

1992年バルセロナオリンピックから正式種目となり、今大会で5回目。ラケットの重量は90g前後であり。シャトル(大会球)は水鳥(ガチョウ)の羽根16枚からなり約5g前後と非常に軽く、温度、湿度、高度(気圧)の影響により飛距離が違ってくる。大会会場の室温等に設定した(飛距離)シャトルが使用される。またスマッシュ時の初速は・・・> 続きを読む

みどころ

いままで5種目ともオリンピックでのメダル獲得はない。 今回が最大のチャンスである。昨年8月に行なわれた世界選手権において、男子ダブルスの池田/坂本組、女子ダブルスの小椋/潮田組が銅メダル獲得し、チーム全体の雰囲気は最高の状態にある。・・・・> 続きを読む

スケジュール

8月 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

日本代表選手団

役職 氏名 年齢 勤務先・所属先名
監督 朴 柱奉 43 (財)日本バドミントン協会
コーチ 中島 慶 46 三洋電機(株)
コーチ 今井紀夫 35 日本体育大学
コーチ 井田貴子 35 三洋電機(株)
選手 佐藤翔治 25 東日本電信電話(株)
選手 舛田圭太 29 トナミ運輸(株)
選手 大束忠司 30 トナミ運輸(株)
選手 坂本修一 29 日本ユニシス(株)
選手 池田信太郎 27 日本ユニシス(株)
選手 廣瀬栄理子 23 三洋電機(株)
選手 小椋久美子 25 三洋電機(株)
選手 潮田玲子 24 三洋電機(株)
選手 末綱聡子 27 NECセミコンダクターズ九州・山口(株)
選手 前田美順 22 NECセミコンダクターズ九州・山口(株)

関連情報

- 競技の歴史
- 日本での競技の歴史
- 日本選手団全記録検索

- (財)日本バドミントン協会
- 国際バドミントン連盟

ATHENS 2004
- 日本代表選手団
- スケジュール
- 結果・記録

SYDNEY 2000
- 日本代表選手団
- 結果・記録
- フォトギャラリー

ATLANTA 1996
- 日本代表選手団
- 結果・記録
- フォトギャラリー