/ オリンピック / 北京2008 / 競技情報 / アーチェリー
 

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)

アーチェリー

日本代表選手団

解説

競技は、オリンピック大会用オリンピック・ラウンド方式で実施される。このオリンピック・ラウンドは、・射距離は、70m。ターゲット・フェースは、直径122cmを使用。・ランキング・ラウンドを除き、競技は「1対1」のマッチ戦で行われる。(1)ランキング・ラウンド <非公開> (8月9日。女子:12:00。男子:15:30) 競技は、決勝ラウンド会場に隣接する練習場で行われる。・・・> 続きを読む

みどころ

(1)日本チームの特徴と目標 女子 2007年7月の世界選手権で2枠を獲得し、同年9月の大陸別の出場枠選考大会で1枠を獲得。これにより、女子は団体戦出場の権利を確定した。大陸別選考会はすべて終了し、この結果、北京での団体戦出場国数は10カ国に決定した。このうち9カ国が世界選手権で枠取りを決めており、大陸別選考会を経て枠取りに成功したのは日本チームだけである。・・・> 続きを読む

スケジュール

日数 1 2 3 4 5 6 7 8 910111213141516171819
8月 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

日本代表選手団

役職氏名年齢勤務先・所属先名
監督関 政敏61(社)全日本アーチェリー連盟
コーチ池田幸一45横浜高等学校
コーチ杉浦成利36泊高等学校
選手古川高晴23近畿大学
選手守屋龍一23(株)ミキハウス
選手北畠紗代子29(株)ミキハウス
選手早川 浪23日本体育大学4年
選手林 勇気23(株)堀場製作所

関連情報

- 競技の歴史
- 日本での競技の歴史
- 日本選手団全記録検索

- (社)全日本アーチェリー連盟
- 国際アーチェリー連盟

ATHENS 2004
- みどころ
- 日本代表選手団
- スケジュール
- 結果・記録

SYDNEY 2000
- 日本代表選手団
- 結果・記録
- フォトギャラリー

ATLANTA 1996
- 日本代表選手団
- 結果・記録
- フォトギャラリー