JOC
  
BEIJING 2008
2008/05/15
日本代表選手団公式応援ソングを発表!

日本オリンピック委員会(JOC)は、5月13日、8月に開催される第29回オリンピック競技大会(2008/北京)の日本代表選手団公式応援ソングを制作すると発表した。

制作にあたり、竹田恆和JOC会長は、「大会に参加する日本代表選手が、この公式応援ソングにこめられた応援のメッセージを励みに一人一人が持てる力を最大限に発揮して自らの夢を叶えるとともに、大会を観戦する人々に感動を与え、特に次世代を担う子供たちにスポーツの持つ素晴らしさやオリンピックを通じた国際親善のメッセージを伝え、国民の皆様の期待に応えられるようなパフォーマンスができるよう(JOCが)競技団体と一丸となって選手強化に全力を傾注していく」とコメントを発表した。

公式応援ソング詳細は、下記の通り。

第29回オリンピック競技大会(2008/北京)日本代表選手団公式応援ソング
■楽曲名『笑ってみせてくれ』
作詞・作曲:小田和正、佐橋佳幸、トータス松本
編曲:佐橋佳幸
■アーティスト名『BAND FOR “SANKA”』
Vocals
 中孝介、岡平健治、小田和正、佐藤竹善、トータス松本、平原綾香、
 藤井フミヤ、BONNIE PINK、松たか子、宮沢和史(50音順)

※6月25日ワーナーミュージック・ジャパンより発売予定
----------------------------------------------------
笑ってみせてくれ / BAND FOR “SANKA”

「おめでとう」の歓声に包まれる
ずっと追いかけてきた そのひととき たしかな想い
高鳴る胸 空を見上げている
今ここに佇む 自分を信じて

キミよ
苦しいくらいのときめきを こみあげるチカラに
背負わないで そして最後には
笑ってみせてくれ
笑ってみせてくれ

「ありがとう」の歓声がこだまする
誰もが憧れた この場所に 奇跡が起こる
祈るように しずかに目を閉じて
キミのたたかいが 今こそはじまる

どうか
勝てそうで負けそうなドキドキを あたらしいチカラに
背負わないで そして最後には
笑ってみせてくれ
笑ってみせてくれ

やがていつか この集いも
そっと幕を閉じていく
言葉を超えて
すべて超えて
みんなひとつになって

キミよ
苦しいくらいのときめきを こめあげるチカラに
背負わないで そして最後には 笑ってみせてくれ

駆け抜ける時も立ち尽くす時も 頑張れの言葉も
きっと心から 楽しんで 笑ってみせてくれ

キミよ
自由にはばたくその姿 輝くその笑顔
愛すべき この国は キミを見つめている

キミよ
自由にはばたくその姿 輝くその笑顔
愛すべき この国は キミを見つめている


2008年のニュース一覧へ戻る