JOC
  
BEIJING 2008
2008/07/29
日本代表選手団が集結!結団式・壮行会を開催

日本オリンピック委員会(JOC)は、7月28日、都内において第29回オリンピック競技大会(2008/北京)日本代表選手団の結団式・壮行会を開催。日本代表選手団のほか、来賓、JOC関係者、選手団家族、スポンサー、「チームがんばれ!ニッポン!」会員、報道関係者など、計1,750名が参加した。

結団式は、皇太子殿下ご臨席の下、来賓として渡海紀三朗文部科学大臣、崔天凱中華人民共和国駐日本国特命全権大使、森喜朗(財)日本体育協会会長等を招き、1964年の「オリンピック東京大会ファンファーレ」の高らかな演奏で始まった。テノール歌手の秋川雅史さんが国歌を斉唱。主催者を代表して竹田恆和JOC会長から、栄えある日本代表選手団に選ばれた選手へのお祝いの言葉の後、歴史にその名を残す輝かしい栄光を勝ち取ることを期待する、と挨拶があった。

その後、日本代表選手団の紹介に続き、団旗を授与。竹田会長から福田富昭日本代表選手団団長へと手渡された団旗は、鈴木桂治主将介添えのもと福原愛旗手へと授与された。福田団長は、「日本代表選手のパフォーマンスがすべての人々を魅了し、大きな感動を呼び起こし、希望や活力を与え、次代を担う子供たちにスポーツの素晴らしさを伝え、明るく活力に満ちた社会の形成に寄与し、日本スポーツ界の更なる発展を大きく支えるものになると確信している」と挨拶。鈴木主将から「私たちは第29回オリンピック競技大会に日本選手団として参加することを誇りに思い、栄光を勝ち獲る決意を持ち、各国選手との友好を深め、世界平和に貢献することを誓います」と決意表明が行われた。

引き続き行なわれた壮行会では、多くの来賓から選手への激励の言葉が述べられた。最初に福田康夫首相が「正々堂々と戦って、日本の若者ここにありと示してきて欲しい」と挨拶。乾杯の音頭をとった森喜朗日本体育協会会長からは、「今日までは日本が注目するアスリート、8月8日からは世界が注目するアスリートになってほしい」という言葉が贈られた。また、石原慎太郎東京オリンピック・パラリンピック招致委員会会長からは、「皆さんがひとつでも多くメダルを獲ることが、東京オリンピック招致気運の高まりになる。出場するからには、体を張ってがんばって欲しい」とエールが贈られた。鴨下一郎環境大臣からは激励の言葉とともに「STOP GLOBAL WARMING」とプリントされたエコバックが日本代表選手全員に贈られた。

また、激励ライブでは、公式応援ソング「笑ってみせてくれ」を歌うBAND FOR “SANKA”のメンバーの一人である歌手の平原綾香さんが登場。日本代表選手への応援の思いを乗せて、平原さんのヒット曲「Jupiter」を熱唱すると、選手たちから大きな歓声があがった。その後、北京オリンピック大応援団「チームがんばれ!ニッポン!」応援団長の松岡修造さんが登場。「チームがんばれ!ニッポン!」会員一人ひとりの応援の気持ちを込めた「必勝チャーム(お守り)」の贈呈が行われた。

壮行会終了後には、代表選手団として初の記者会見が行なわれた。福田富昭団長、市原則之副団長、上村春樹総監督からそれぞれ北京への意気込みが述べられ、鈴木桂治主将、福原愛旗手からは結団式終了後の心境が語られた。鈴木主将は、「主将としての仕事を初めて今日行った。主将だからといって上に立つのではなく、競技を通して勢いをつけること、日本チームの勢いをまずは自分の柔道から出していきたい」、福原旗手は「8日の開会式でも旗手という大役をしっかり務めて、13日から始まる(卓球の)競技でも自分の持っているものをすべて出して、笑顔で日本に帰ってきたい」と語った。

結団式では、竹田会長から福田団長へ、そして福原旗手へと団旗が授与された。(写真提供:フォートキシモト)

壮行会で日本代表選手団を激励する福田首相。(写真提供:アフロスポーツ)


2008年のニュース一覧へ戻る